人気ブログランキング |

Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ

タグ:音源審査 ( 55 ) タグの人気記事


2019年 04月 19日

purevoice 2018年期審査/作曲部門

作曲審査、上位5作品です。


1位/「色」375点

2位/「Surely」 265点

3位/「たそがれ」235点

4位/「Little Lady」205点

5位/「Untitled」167点


以上が作曲部門、上位作品です。「色」が首位キープ、「Surely」が2位へ、「Little Lady」が新しく登場しました。2位~4位は200点台で固まっています。


講師意見/首位キープの「色」は昨年グランプリ受賞した生徒による作品ですが、作詞意見と同様、歌い手の個性を引き出す創作力が身に付いていることを感じます。2位「Surely」は昨年と同ヴォーカリストですが、これまで聞いたなかで一番伸び伸びとした歌声でした。「Little Lady」が新しく登場しましたが、このヴォーカルが先日記事で紹介したヴォーカリスト yolis です。どの曲もコンセプトが明確である点に、purevoice 生徒たちの幅広い音楽性を感じます。


あるコメントに興味ある指摘があったので触れましょう。昨年のグランプリ曲Vocal に対するご意見で、曲質感と歌質感が異なるという主旨の指摘がありました。講師的には、それは良い材料と捉えています。ブラック系ミュージックに、ブラック系Voは普通です。そこに、ジャパニーズ言語で子供さんのような素朴な歌声だからこそ面白い、と私は感じます。最近Jシティポップが海外で高く評価されていますが、そこにもキーワードがあると感じます。


次に、編曲部門を公開します。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________


春のスクールイベント re-Recording

4/28〜 5/5 開催  Music DAY 5/5 開催


purevoice ワークショップ 4月開催

作曲基礎講座・6日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・13日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・14日 sun. 18:00 (b
TONE Study26日 fri. 20:30 (a
アドリブ講座・27日 sat. 16:00 (a
DTM講座・27日 sat. 17:30 (a
JAM Study28日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-04-19 02:46 | ・EVENT | Comments(1)
2019年 04月 17日

purevoice 2018年期審査/作詞部門

purevoice 2018年期審査イベント、採点公開です。

まずは作詞部門です。


作詞審査、上位5作品です。


1位(同位)/「たそがれ」400点

1位(同位)/「色」400点

3位/「AIJO」 170点

4位(3位)/「Surely」165点

5位(4位)/「アリ」135点

6位(5位)/「Untitled」95点


以上が作詞部門、上位作品です。なんと2作品が同点でTopとなりました。

3位に「AIJO」が選抜されましたが、当作品の作詞者はサポート者のためエントリー者に対する加点はありません。

規定として、作曲、編曲も同じくで、共作の場合のみ50%比率での加点となります。そのため、3位「Surely」、4位「アリ」、6位からの繰り上げで5位が「Untitled」となります。


講師意見/作詞に対しては、ヴォーカリストの表現力も加味されたと感じます。1位「たそがれ」は、楽曲スタイルはこれまでと同ラインですが、明らかに声質感の押しが出てきました。お得意の叫びもナチュラルでライブ感を感じます。ここに、本人の最大課題である歌ピッチがしっかりコントロールできていれば、更にリードできたのかもしれません。詳しくはコメントを参照ください。


「色」は問答無用、ヴォーカリストの表現力を的確に生かしたアプローチに軍配です。声と詞の世界がリンクし、聞く度に曲の世界へと引き込まれます。大サビで一瞬詰まったところがありましたが、それも生の緊張感があります。両者とも他を引き離しての得点となりました。おめでとうございました。


次に、作曲部門を公開します。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________


春のスクールイベント re-Recording

4/28〜 5/5 開催  Music DAY 5/5 開催


purevoice ワークショップ 4月開催

作曲基礎講座・6日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・13日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・14日 sun. 18:00 (b
TONE Study26日 fri. 20:30 (a
アドリブ講座・27日 sat. 16:00 (a
DTM講座・27日 sat. 17:30 (a
JAM Study28日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-04-17 12:59 | ・EVENT | Comments(0)
2019年 04月 13日

DTMと実演練習=ジレンマ

採点公開の前に、ひとつ記事を。先日の話題、「色」について講師が3点のみの評価である理由を記します。


「色」の楽曲とアレンジは素晴らしく、当生徒のここ数年の成長は群を抜く勢いです。当人の実演パートはベースですが、その内容も指弾き&スラップと多彩にアプローチしてくれました。採点の多くが、その実演に対し高い得点を与えています。しかし講師は、実演加点は3点のみとしました。


その理由はシンプルです。録音時の音質、リズム、音量バランスと実力が不安定なためでした。そのことで、MIX修正作業も多大なる時間を要すこととなりました。ベースパートのみ、その不安定な状態のまま残すことも考えましたが、楽曲クオリティーとのバランスを優先し、調整を行ないました。そこは、本人が本人を助けたと捉えています。但し、採点判断は「3点」、です。「3点」判断は他曲にもありますが、同主旨の指摘ですので該当された方はあらためて現場での出来事を思い出して下さい。


その点から、「Surely」は実演力とプログラム力がバランスよく成立しています。当者の実演は、ほぼワンテク~3テイク程度で仕上げられており、的確な準備と適応力を感じます(過去も同じくです)。また、プログラムと生演奏(ベース&ギター)、そして必ずドラムも生で扱う点に、それ相応の努力もあると察します(リハなど)。当人のサポートプレイについても同じくで、常に的確かつ迅速な対応力です。TracK #10のジュニアDr.のベースサポートでもその手腕を発揮しています。


彼の件、昨年の記事にも関連事項がありましたのでご覧ください。

https://purevoice.exblog.jp/29726661/


これまでスタジオ現場で数多くのプレイヤーたちの生音を耳にしてきましたが、如何に一流プレイヤーたちの音が素で完成しているかを再認識します。そして作業がスムースであることもです。この点は、レコーディング現場のみならずライブ現場でも同じです。


DTMに手をつけると、自分の楽器(歌)の練習時間を削らなくてはなりません。過去にも記事で伝えましたが、DTMに手を出すと、実演力が低下します(歌も同じく)。また、人とリアルタイムで音を出す機会も減るため、そのセンサーも衰えます。このジレンマを克服すべくバランスがとても肝要となる訳です。


私の師の言葉が甦りました。「全部できて、何が悪い?」、まさにその通りです。


本日、エントランスにて講師コメント全文を公開しています。

採点公開に戻ります。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 4月開催

作曲基礎講座・6日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・13日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・14日 sun. 18:00 (b
TONE Study26日 fri. 20:30 (a
アドリブ講座・27日 sat. 16:00 (a
DTM講座・27日 sat. 17:30 (a
JAM Study28日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-04-13 14:05 | ・EVENT | Comments(3)
2019年 04月 10日

pure-Rec 2018年期/100点作品

作曲、作詞、編曲、実演と各分野の採点結果公開の前に、100点満点をいただいた作品から公開します。


pure-Rec 2018年期/100点得点作品は、以下3組です。


作曲点 100点/「Surely」

作詞点 100点/「たそがれ」

編曲点 100点/「色」


実演点については、最高点60点で2名が「色」に加点しています。ちなみに、講師は「色」は3点評価です。

その理由は、講師コメントに記しましたので興味ある方はご覧ください(今週よりスクールエントランスにて公開)。


さて、今期音源には昨年度グランプリ作品に加えもう1曲ゲスト作品を残しました(Track #11)。この作品は、元ギタークラスの中川西氏の作品です。DTM土台にギター&ベース演奏によるインストナンバーです。プログラムやアレンジの構築もしっかりと押さえており、このままビジネスシーンで使えるクオリティーに仕上がりました。以前、録音現場に写っていた7弦ギターのオーナーは彼です。


f0009667_23072536.jpg


レッスン当時、彼の参加するアコースティックユニットの制作をお手伝いしたことを懐かしく思い出します。また、スクール関連のイベントやセッションなどへも率先して参加してくれるなど、音楽に対しとても熱心な生徒さんでした。


最近の彼の活躍ぶりは先日紹介しましたが、まさにその実力手腕が発揮されました。しかし、ここも一点のみ重要な指摘材料があります。詳細は講師コメントに記しましたので興味ある方はご覧ください。


プロフィールドでの評価となれば、それなりの要求は出ます。逆に捉えれば、現在の生徒さんたちは、当たり前に作曲やアレンジができるようになったことで次のステップに向うべきと考えます。


某生徒さんが言った言葉、「本当に認められるには、断トツで勝てないとだめですね」、と。

その志し、講師も賛同します。採点公開、続きます。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 4月開催

作曲基礎講座・6日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・13日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・14日 sun. 18:00 (b
TONE Study26日 fri. 20:30 (a
アドリブ講座・27日 sat. 16:00 (a
DTM講座・27日 sat. 17:30 (a
JAM Study28日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-04-10 23:10 | ・EVENT | Comments(0)
2019年 04月 08日

purevoice 2018年期音源審査員について

Music school purevoice 2018年期音源の審査員について


f0009667_21163358.jpg


今期審査員についてお伝えします。例年審査は、音楽プロデューサー、アレンジャーなど第一線の制作現場で活躍されている方々にご参加いただきました。お馴染み、プロベーシストのH氏もここ数年続けてスクール審査へご協力をいただきました。先日、氏に今期音源をお渡ししましたが、この度審査のお願いはしておりません。では? と言いますと、今回の審査は、レコーディング参加者、並びにこれまで当イベントに参加経験のある生徒さんのみで行ないます。より主体的なご意見を参考に、参加者自身が決める取組みとなります。


そのなかのおひとり、Voアーティストさんが審査してくれましたので紹介します。(参加Trackは8)

NYアポロシアターアマチュアナイトで2位の獲得経験ある実力派シンガー/yolis です。


f0009667_21251084.jpg


彼女は作詞、作曲、プロデュースとマルチな才能も備え、VICTORからアルバムリリースしています。今回の制作イベントでは、昨年レッスン復帰をしたドラマー正木氏のエントリー曲に参加、素晴らしい歌声で楽曲に華を添えてくれました。


先日もその時のメンバーとプライベートスタジオへ遊びに来てくれました。


f0009667_21175559.jpg

マチャ、カメラ目線が素敵、、、(笑。


f0009667_21193167.jpg

素晴らしいメンバーさんに囲まれ、マチャも高の作品を仕上げることができました。後方右手がKey.のTさん、Track8のあの素晴らしいKeyプレイは作品のすべてを押さえていただきました。Tさんにも審査ご協力いただいています。皆さんご協力ありがとうございました。


さて、いよいよ審査結果が確定しました。カテゴリー審査に対し、100点をいただきましたので、まずはその作品から紹介します。

今年は、生徒さんの粘り強い意識と実践が正しく評価されました。公開どうぞお楽しみに!



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 4月開催

作曲基礎講座・6日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・13日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・14日 sun. 18:00 (b
TONE Study26日 fri. 20:30 (a
アドリブ講座・27日 sat. 16:00 (a
DTM講座・27日 sat. 17:30 (a
JAM Study28日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-04-08 21:55 | ・EVENT | Comments(0)
2019年 04月 02日

先輩との再会

2019年、新学期がスタートしました。

新元号「令和」が発表され、新たに未来への希望に満ちています。今期もどうぞよろしくお願いいたします。


purevoice にまた嬉しい話題が届きました。

2人、久しぶりの再会です。


f0009667_11555852.jpg


数年前 pure-LIVE に出場した vo.key 松下聖哉くん(右)と、その時の招待審査員の正木氏です。


聖哉は現在、国立音楽大学4年生となりました。大学ラストスパートのいま、近況報告を兼ねて会いに来てくれました。


最近はピアノ演奏だけでなく、ボーカリストとしても活躍しているとのこと。スクール当時、歌と作曲を一生懸命やっていた彼の姿を懐かしく思い出します。制作中の作品を聴かせてもらいましたが、とても彼らしい作風に仕上がっていました。


purevoice では今まさに音源審査タイミング、元集計委員であった聖哉に急遽審査をお願いしました。今期Recには先輩正木氏が参加していますので、聖哉からの恩返し審査となります。


現在集計進行中です。結果公開をどうぞお楽しみに!


p.s

では問題です。この写真、2人に共通していることは何でしょう?(初級問題です、笑)



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 4月開催

作曲基礎講座・6日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・13日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・14日 sun. 18:00 (b
TONE Study26日 fri. 20:30 (a
アドリブ講座・27日 sat. 16:00 (a
DTM講座・27日 sat. 17:30 (a
JAM Study28日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-04-02 12:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(3)
2019年 03月 13日

審査シートの表記訂正

2018年期/purevoice 生徒作品の審査がスタートしています。今期も参加者の実演パートを公開して進めていますが、シートのパート表記に誤りがありましたのでお伝えします。Track #9の実演パートが、AG / Cho となっていますが、Prog が含まれます。よりまして、#9は「AG / Cho / Prog」と訂正します。

審査シート回収〆切は、3月24日です。採点方法のご質問などございましたらスクールまでお気軽にお問合せ下さい。

p.s
参加クレジット未送信の方は、スクールアドレスまで送信をお願いします。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Rec 音源完成

purevoice ワークショップ 3月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス



____________________________________________________




by purevoice | 2019-03-13 07:45 | ・EVENT | Comments(0)
2019年 03月 09日

嬉しい話題が続きます

pure-Rec 作品のご感想いただいています。ありがとうございます。


音源の最終トラックは、昨年度グランプリソング/ベース科 T.R氏の作品です。ここ最近はDTMでのアレンジ手腕を確実にマスターし、お仕事レベルの発注ができるまでに成長してくれました。今期作品においても、その手腕を発揮すべく経緯が残されています。内容詳細はまだ公開できませんが、皆さんご試聴されるなかで感じ取っていただけると思います。


そしてもう1曲ゲストソングとして某卒業生の作品が投じられました。ギター、DTM、作曲、アレンジメントなどクリエイティブ項目をすべて学んだ氏は、現在作編曲家としてメジャーアーティストへの楽曲提供を行うなどプロフィールドで活躍しています。purevoice 在籍中はアコースティックユニットでのライブ、そして講師プロデュースによる音源制作と常に精力的な活動を行なってきました。今回の pure-Rec 用に書き下ろしてくれた彼の作品をどうぞお楽しみ下さい。


さて、嬉しい話題が続きます。昨年末から生徒さんたちの復帰が続いています。彼らが大きく成長し、再びスクールへ戻ってくれたことを現生徒さんたちも喜んでくれました。来月からまたもうおひとり復帰が決まりました。彼女も素晴らしい音源を発表した生徒さんです。purevoice 審査ではグランプリ3連覇という偉業を成してくれたシンガーソングライターさん、もうお解りですね。彼女が4月から取組む新レッスン内容はシークレットです。そのすべては、今年の年末レコーディングにて公開されることでしょう。


f0009667_14312025.jpg


ゴールに向けてはしっかりと準備をすることが肝要です。そのために、時に立ち止まる時間も必要です。

それができるのは再び歩ける人だからなのでしょう。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Rec 音源完成

purevoice ワークショップ 3月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________



by purevoice | 2019-03-09 07:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(1)
2019年 03月 01日

pure-Rec 2018期音源完成

数日前、体験レッスンに参加された女子さんがが印象的でした。沖縄から上京、偶然にもプライベートスタジオの近くに住まわれていました。これから作曲やDTMスキルを基本から身に付けたいと熱心に語ってくれました。


最近感じることがあります。それは皆さんが自己表現の取組みに幅広く興味を持たれていることです。いまではSNS動画なども自由に公開でき、同じ志向を持つ者同士で繋がれます。作品クオリティーがより専門的であれば、いずれビジネスシーンへ繋がることも正しく理解できています。


もはやSNSの世界は表現インフラとして確立しています。かつては、TVというメディアに頼っていたことで、その舞台へ至る経緯に基礎が置かれていました。しかし今は Youtubeや insta など、誰でも自由に出演(公開)できるチャンネルがあります。しかも世界規模のチャンネル、という点にTVとは異なる可能性があります。


SNS出演はどなたでも可能、であるからこそ発信側のクオリティーが問われることも事実です。ある生徒さんから聞いた言葉で印象的な言葉がありました。彼もSNSをやっている生徒さんです。その言葉とは、すぐさま「いいね!」をつける人は、すぐさまいなくなります。だから、その数にこだわりません。大切なことは、「いいね!」の数ではなく、少数でも本当に自分の音楽を理解してくれる人と繋がることです、と。この言葉を聞いて安心しました。


さて、pure-Rec 2018期音源が完成しました。今年も各作品に対するブラインド審査を開催します。この審査会こそ「いいね!」は簡単にもらえない厳しい取組み、皆さんの評価がとても楽しみです。pure-Rec 2018期音源、本日より配布開始します。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Rec 音源完成

purevoice ワークショップ 3月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________



by purevoice | 2019-03-01 17:04 | ・EVENT | Comments(0)
2019年 01月 20日

pure-Rec 2018期/フォトセッション最終章

今期 pure-Rec 作品を幾度も繰り返し聞いています。昨年は生徒さん全員が作曲力を備えられたことが話題でした、今回はそのことに加えて作品力が高まったことが嬉しい話題です。とくにポップスとしての完成、メインたる歌が最前列に来ていたことが検証での大きな手応えでした。

f0009667_14535103.jpg
f0009667_16205536.jpg


前記事では成人先輩たちがピックアップされていましたが、中学生のRくんも最高のオリジナルを完成しています。今回はお父さまとのRecording 経緯にドラマがありました。この出来事は講師の記憶に生涯に残るものとなりました。Rくんがしっかり実力を身に付けてくれた証、これからの成長が本当に楽しみです。

f0009667_14062674.jpg
f0009667_14064990.jpg
f0009667_14051964.jpg
photo 撮影時はいつもおちゃらけてくれる正木氏、本番前の真剣表情に録音に対する熱を感じます。

f0009667_14054186.jpg
参加者の方々も多彩、今回も大勢の方々にご参加いただきまして感謝しています。

f0009667_14055422.jpg
f0009667_16075774.jpg

f0009667_15094363.jpg

f0009667_14060939.jpg

このあとマスタリング作業を経て、今期スクール音源が完成します。新年恒例の曲順決め BINGO は2月第1週より開催します。

p.s
お写真のほかにも大勢の方にご参加いただきました。
本番の合間で撮影ができなかった参加者の方、ご参加ありがとうございました。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Recording MIX・検証 4日~ (b

purevoice ワークショップ 1月開催

JAM Study12月調整分)・5日 sat. 17:30 (b
スタジオワーク実習・13日 sun. 17:00 (b
アレンジ講座・19日 sat. 16:00 (a
TONE Study25日 fri. 21:00 (a
作曲基礎講座・26日 sat. 15:00 (a
アドリブ講座・26日 sat. 16:00 (a
DTM講座・26日 sat. 18:00 (a
JAM Study27日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________




by purevoice | 2019-01-20 16:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(4)