人気ブログランキング |

Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 16日

新たに進むために

先日の手術アプローチはとても良い経験でした。術後順調で、来週には抜糸を行い患部は新しくリセットされます。今回の件では皆さんに大変ご心配をおかけしました。


f0009667_17391684.jpg


元々身体にメスを入れることを好まない考えでしたが、この経験は新しい生活をするための貴重なステップとなりました。手術を実行した理由はただひとつ、医師に対する信頼です。初診時の判断と説明、そして本番とすべてが的確でした。やるかやらないか、決断に迷うことなく希望しました。手術中にBGM(pops)が流れていたこともサプライズで、初めての空間を楽しく体験できました。


自分を新しくしたいならば、これまでとは違うアプローチに気付くことが肝要です。そして実践してみること。これは音楽にも大きく関わる視点です。好き嫌いは別として、外の意見を取り込める人は新たな道を切り開けていると感じます。その実践行動こそ、自分を信じることなのかも知れません。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Recording MASTERING 作業中

purevoice ワークショップ 2月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________




# by purevoice | 2019-02-16 11:59 | ・PRIVATE | Comments(2)
2019年 02月 06日

またプロと出会いました

久々プライベート記事です


年明けから身体のリペアをしています。内視鏡検査はとてもスムース、医師の的確な対応に苦痛なく終えることができました。苦痛なき理由は、判断の的確さと作業手順の早さと感じます。これが先日アレンジ講座で触れた経験値に通じるものであり、プロとしての手腕です。同じ検査を1年以内にもう1度予定しますが、喜んでの気持ちです。


その後、同病院で別個所のリペア(手術)も行いました。驚いたのはオペ室。まさにドラマのドクターXで見た風景でした。自分の心拍数がBGM、なかなか緊張感をあおります。この心拍数リズムを自力で変えられるか? 待ち時間にチャレンジしたら成功しました、笑。そんなことをして緊張を紛らわすしかないのが正直なところです。


最も緊張したのは、顔に布をかけられ何も見えない状態となり、医師が「ではこれから、、、」と手術名を発言された瞬間。そして電気メスONの声が聞こえた時が緊張のピークです。その後の術は素晴らしく迅速、ここも苦痛なく終えました。前述の内視鏡と同じくプロとしての的確さを感じました。


内視鏡と手術、どちらも若い女医さんでしたが、とても優秀です。逆に、この体制を管理している院長のコンセプトにも絶大なる信頼を置くことができました。若いひとたちが最前線で活躍されていることに医療の未来を感じます。本物のステージをこなすまでの準備、それは並大抵のことではないと感じます。と同時に、彼女たちがどのような訓練をしてきたのか? そのシステムに興味を持つ切っ掛けともなりました。


プロフェッショナルとは、確かな準備ができる人であると感じました。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Recording MASTERING 作業中

purevoice ワークショップ 2月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________




# by purevoice | 2019-02-06 17:55 | ・PRIVATE | Comments(2)
2019年 01月 31日

JAM Study 回顧

本年初回 JAM Study お疲れさまでした。2019-1月回、講師感想です。


f0009667_18230859.jpg


現在ベースパートの充実度に大きな喜びを感じています。これは昨年もとくに感じた件で、セッション演奏における安定感は確実に極められてきたと感じます。この日、私がDrパートで入ったJAMでM.Y氏の放つ5弦の用い方に高揚しました。以前も同じく評価したことを記憶しています。無駄なく1音で締めるボトムサウンド、ローの出しどころがセンスです。


同じくベース/T.R氏とのコンビもいつも安心してプレイできます。こちらがリズムパターンを変えたり、突発の仕掛けに対しても即時反応してくれる点に余裕感を感じます。攻めと引きの区別も明確で、アドリブソロも個性ある世界感が確立してきています。


余談になりますが、アフター会で見たライブ映像の某ベーシストのボトムに正しい根拠がありました。野外ライブ、かつ遠めのビデオカメラでのエアー録音でしたが、ローが素晴らしく鮮明でした。シンプルな4弦でしたが、5弦かと思わせるほどの重量とグルーヴ。あれが手の魔法です。


今回ある実験をしました。それはまずDr&Bassでリズムアンサンブルを完成させ、最後にKeyを乗せるというシンプルなアレンジです。そこで検証をしたことがあります。それは、Keyの白玉こそがリズムグルーヴに大きな影響を与えるという視点です。検証では、Keyのコード演奏が加わった瞬間にリズムが濁る結果となりました。これがスペースの理論でありアンサンブルに重大な影響を与える視点です。


このワークショップを進めるなか毎回感じることがあります。それは、分厚いサウンドにしたいが為に、無闇に音数を弾くことは危険です。これはギターパートも同じくです。まずは1音で成立つ世界があるということから理解することです。これらポイントがアンサンブルとグルーヴに関わる重要なレシピです。最近ドラム&ベースパートが充実してきたので、更にシビアな視点を追い込みたいと考えています。次回 JAM Study は、2月24日です。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Recording MASTERING 作業中

purevoice ワークショップ 2月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________




# by purevoice | 2019-01-31 19:02 | ・WORK SHOP | Comments(3)