人気ブログランキング |

Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 26日

審査受賞者/2018年期 準グランプリ

2018年期準グランプリ者を紹介します。


purevoice 2018年期音源審査 準グランプリ

「 Little Lady 」/正木秀和( Drum MASTER Class )


現生徒さんたちは、数年前の pure-LIVE ゲストステージで正木氏のプレイを生で見てくれたと思います。存在感溢れるセッションステージは、いまでも鮮明に思い出されます。エピソードも豊富で、彼との出会い、レッスンのこと、初仕事の切っ掛け、そしてNHKの音楽番組で彼の姿を見るまで、全てのストーリーがブログに残されています。話題は尽きず、いまもなお刺激あるエピソードを生み出してくれています。

f0009667_14244867.jpg


卒業後、音楽仕事に携わってきた彼が改めてレッスンへ回帰してくれた件は、purevoice という取組みの意味を私自身教えられた気持ちです。多くの後輩たちからもリスペクトされ、様々な仲間とのコラボも積極的に実践するなど、豊かな人間性と音楽人としての正しい土俵を感じます。


今回久しぶりに正木とのレコーディングやり取りで感じたとこと、それは現場判断の早さと鋭さでした。トラック選別やプレイヤーに対する指示など各種ディレクションのすべてがビジネスクオリティーでした。それはやはり1度現場に足を踏み入れた経験によるものと感じます。


f0009667_15105329.jpg


アイデアや学びを得られる環境は財産です。そして、そこが厳しい場所であればあるほど本物の人たちが集まります。いま思えば、私も学生時代その環境を求め行動していました。ライブ、ワークショップ、音楽以外での集まりでも、それら厳しい環境で得られた交流経験は本当に貴重でした。


自分の吸う空気を正しく選ぶこと、将来に繋がる土俵を選ぶこと、それも力量のひとつです。その力を身に付けた彼に、いま改めて指導できることはこの上ない幸せです。


f0009667_15110605.jpg


だから、これまで以上に厳しい環境にする。それをバーナードパーディー氏に誓います!

マチャ、心して臨むべし。Cool AND Funky (@..@)/




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

音源審査イベント全結果、スクールにて公開中


purevoice ワークショップ 5月開催

作曲基礎講座・11日 sat. 15:30 (a
アレンジ講座・11日 sat. 16:15 (a
スタジオワーク実習・12日 sun. 18:00 (b
TONE Study24日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・25日 sat. 16:15 (a
DTM講座・25日 sat. 17:30 (a
JAM Study26日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



# by purevoice | 2019-05-26 15:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(0)
2019年 05月 23日

審査受賞者/2018年期 第3位

re-Rec イベントの MIX 作業が進行しています。現在、講師担当分は9割方仕上がりました。今週末には全曲完了予定です。その後すぐにマスタリングに移行し、来月には完成CDを配布予定ですのでお楽しみに。


今年の re-Rec は、生徒さん自身によるセルフMIXという新しい取り組みがスタートしました。とくにDTMワークショップ受講者に対しては、これまでの学習内容が実践できる貴重な機会となりました。作品創作の要となるこの経験をぜひ次ステップへと繋げて欲しいと願います。


さて、2018年期審査イベントの結果公開です。今年も上位受賞者を1名ずつ、エピソードを交え紹介します。まずは3位受賞者です。


purevoice 2018年期音源審査第3位

「 たそがれ 」/並木拓磨(アーティストクラス)


f0009667_02251179.jpg


タクマの活動はライブが中心で、バンドと弾語りをバランスよく進めています。どちらも都内老舗のライブハウスから高い評価をいただけるようになりました。彼は大学生の時にピュアボイスの門を叩きました。その当時は楽器演奏はできない完全未経験者でした。レッスンでは、歌とベースをやりたいと希望しましたが、私は彼の可能性はベースではなくギターと作曲に感じたのでそのことを正直に伝えました。それがいまの彼に繋がります。


彼の今回 re-Rec は、年末 pure-Rec とは全く異なるアプローチで作品を完成させています。このように、音楽を通じて七変化できることが実力の表れと感じます。この先も更なる変化を楽しみにしています。


f0009667_02260362.jpg


音楽はズバ抜けた才能があれば大丈夫、と思われがちですが、私はそうは思いません。逆に、才能や器用さが先を塞ぐ場面を沢山見てきました。本当に強いのは、不器用ながらも真っ直ぐに進むこと、だと感じます。それを証明してくれたのが、タクマなのかもしれません。いま彼は次の証明をするための準備に入っています。おそらく来春頃、再び記事で紹介できると思います。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

音源審査イベント全結果、スクールにて公開中


purevoice ワークショップ 5月開催

作曲基礎講座・11日 sat. 15:30 (a
アレンジ講座・11日 sat. 16:15 (a
スタジオワーク実習・12日 sun. 18:00 (b
TONE Study24日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・25日 sat. 16:15 (a
DTM講座・25日 sat. 17:30 (a
JAM Study26日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



# by purevoice | 2019-05-23 02:37 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(2)
2019年 05月 10日

MUSIC DAY おつかれさまでした

春のスクールイベント「re-Recording」、そして MUSIC DAY お疲れさまでした。今回も生徒さん1人ひとりの音楽創作に対する士気を確認できました。今回はそのアンサーとして、数名の生徒さんに対しご自身によるミックス作業をリクエストしています。


f0009667_10294105.jpg


f0009667_10292143.jpg
自身の手による完成作品は、配布音源にそのまま含めますのでどうぞお楽しみに。


その士気の高さは、先日紹介しました Perc類の用意など、機材持込みにも表れました。自分の音に責任を持つ姿勢は音楽に対する情熱とリンクしています。


f0009667_10293108.jpg


ギタークラス生徒さんの新機材/ re-Rec は沢山の学びがありました。このアンプ組み合せは私も士気高まり、試奏させていただきました。録音も残していますので、アンプオーナーにリタンいたします。



イベント最終日、MUSIC DAY の集まりも大変有意義でした。5時間はあっと言う間、当日は夜遅くまでお疲れさまでした。


f0009667_13251451.jpg
f0009667_13252322.jpg


集まりの途中、懐かしい場面を思い出しました。もうかれこれ10数年前、同じくスクールでのBBQの集まり場面です。その日は、JUN氏と拓磨氏が初めて出会った日でした。たしかその記事もあると思います。その2人がいまもこうして集う中、同朋である正木氏が同じくいてくれたことに必然を感じました。


f0009667_01212454.jpg


音楽に正直であることは本当に素晴らしいこと。この日は皆さんとの交流を真に満喫しました。


f0009667_13250572.jpg


一見、静かに見えますが、中身は強烈なパワーあり。今期指導もこの火のごとく、コアをしっかりと整えていきます。


さて、皆さんお待ちかねの音源審査結果を purevoice エントランスにて公開しています。グランプリ者の得点は断トツの3000点越えとなりました。もうどなたかはお解りですね。注目は2位以下、大接戦です。結果詳細はエントランスにて公開中ですのでお楽しみに!



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

音源審査イベント全結果、スクールにて公開中


purevoice ワークショップ 5月開催

作曲基礎講座・11日 sat. 15:30 (a
アレンジ講座・11日 sat. 16:15 (a
スタジオワーク実習・12日 sun. 18:00 (b
TONE Study24日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・25日 sat. 16:15 (a
DTM講座・25日 sat. 17:30 (a
JAM Study26日 sat. 18:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.




# by purevoice | 2019-05-10 10:55 | ・EVENT | Comments(2)