人気ブログランキング |

Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:・WORK SHOP( 183 )


2019年 03月 23日

Pentatonic scale/隠された利点

本日アドリブワークショップ開催です


アドリブを実践するためには、スケール音の構造を理解した上で、実際にそれらの音をギターやベース指板上に展開する必要があります。purevoice のアドリブレッスンは、アドリブの基本となる Pentatonic scale から着手しますが、ここで多くの生徒さんたちが陥ってしまう演奏パターンがあります。それは展開したポジションを、一定方向にただ羅列してしまう演奏です。これはアドリブ、ではなく単に「音を順番に弾いている状態」となります。


先月解説した、コンディミなどもシンメトリーな構造なため、そのような傾向となります。


分かり易く伝えますと、食べ放題バイキングに行き、テーブルに並んでいる食材を無意識に横列順番に選んでいるような状態でしょうか。これでは、メイン食材にたどり着く前に、お腹が満たされてしまいます。


私の場合、先にエスプレッソコーヒーと少量の甘味から始めます。それと、油系は先にはいただきません。何故なら腹がすぐに満たされてしまうからです。そして時間に縛られず、ゆっくりといただきます。若い頃は、急いで飲んで、散々食べて、最後に大変なことになった経験が学びですが、笑。


話を戻しますが、それをアドリブに例えるならば、プレイ導入は、シンプルな 2 position からスタートし、周りのアンサンブルを感じながら (その日の全体メニューを確認してから) 、次の行き先(食材) に移行します。そしてピークとなろう時間、タイミングを定めて自分の最も好む position (メインメニュー)で満たします。最後のデザート、ケーキやフルーツも大事ですね。


一定方向がNGである点を冒頭に記しましたが、実は一定方向(羅列)にも隠された利点があります。2019.3月回のアドリブワークショップは、美味しい食材の見分け方と、具体的な食べ方について解説します。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 3月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.



by purevoice | 2019-03-23 13:55 | ・WORK SHOP | Comments(2)
2019年 01月 31日

JAM Study 回顧

本年初回 JAM Study お疲れさまでした。2019-1月回、講師感想です。


f0009667_18230859.jpg


現在ベースパートの充実度に大きな喜びを感じています。これは昨年もとくに感じた件で、セッション演奏における安定感は確実に極められてきたと感じます。この日、私がDrパートで入ったJAMでM.Y氏の放つ5弦の用い方に高揚しました。以前も同じく評価したことを記憶しています。無駄なく1音で締めるボトムサウンド、ローの出しどころがセンスです。


同じくベース/T.R氏とのコンビもいつも安心してプレイできます。こちらがリズムパターンを変えたり、突発の仕掛けに対しても即時反応してくれる点に余裕感を感じます。攻めと引きの区別も明確で、アドリブソロも個性ある世界感が確立してきています。


余談になりますが、アフター会で見たライブ映像の某ベーシストのボトムに正しい根拠がありました。野外ライブ、かつ遠めのビデオカメラでのエアー録音でしたが、ローが素晴らしく鮮明でした。シンプルな4弦でしたが、5弦かと思わせるほどの重量とグルーヴ。あれが手の魔法です。


今回ある実験をしました。それはまずDr&Bassでリズムアンサンブルを完成させ、最後にKeyを乗せるというシンプルなアレンジです。そこで検証をしたことがあります。それは、Keyの白玉こそがリズムグルーヴに大きな影響を与えるという視点です。検証では、Keyのコード演奏が加わった瞬間にリズムが濁る結果となりました。これがスペースの理論でありアンサンブルに重大な影響を与える視点です。


このワークショップを進めるなか毎回感じることがあります。それは、分厚いサウンドにしたいが為に、無闇に音数を弾くことは危険です。これはギターパートも同じくです。まずは1音で成立つ世界があるということから理解することです。これらポイントがアンサンブルとグルーヴに関わる重要なレシピです。最近ドラム&ベースパートが充実してきたので、更にシビアな視点を追い込みたいと考えています。次回 JAM Study は、2月24日です。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Recording MASTERING 作業中

purevoice ワークショップ 2月開催

作曲基礎講座・2日 sat. 15:00 (a
アレンジ講座・9日 sat. 16:00 (a
スタジオワーク実習・10日 sun. 17:00 (b
TONE Study22日 fri. 21:00 (a
アドリブ講座・23日 sat. 16:00 (a
DTM講座・23日 sat. 18:00 (a
JAM Study24日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________




by purevoice | 2019-01-31 19:02 | ・WORK SHOP | Comments(3)
2019年 01月 27日

JAM&アフターお楽しみに

アナログ盤が無性に聞きたくなり掘り出しています。いまではプレイヤーも、針も、フォノイコライザーも貴重な存在です。モニター環境も同じくです。アナログレコードを正しく鳴らすプロセスはとても深い世界です。その分、目指す音が出た瞬間の感動はひとしおです。


f0009667_01364244.jpg


私の世代の音楽は、アナログ盤からスタートしていますので、その音像がベーシックとして身体に刻まれています。カセットテープも同じくです。今ではダウンロードシステムの登場でリスニング環境が激変しましたが、そのことでアナログレコードの音の凄さも再確認できました。


若き頃のロベン氏音源を発見、懐かしいです。

f0009667_01371172.jpg


このアルバムを見て、LAに滞在していた時のことを思い出しました。録音オフの日、無性に音が聞きたくなりショップへ音源を買いに行きました。そこで手に入れたのもロベン氏のアルバムでした(当時カセットテープ)。それら品々は、その当時の経験を思い出させてくれる魔法の品。私にとっての最高の参考書です。重要なことは、品物の存在以上に、それと携わることで得られた時間や経験です。まさに歩み、です。


f0009667_01374326.jpg


本日27日のJAMアフターは、アナログ音源を聴きながら素敵な時を過ごしましょう。JAM Study は、17時30分スタート、某お方も登場しますのでどうぞお楽しみに!



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

pure-Recording MIX・検証 4日~ (b

purevoice ワークショップ 1月開催

JAM Study12月調整分)・5日 sat. 17:30 (b
スタジオワーク実習・13日 sun. 17:00 (b
アレンジ講座・19日 sat. 16:00 (a
TONE Study25日 fri. 21:00 (a
作曲基礎講座・26日 sat. 15:00 (a
アドリブ講座・26日 sat. 16:00 (a
DTM講座・26日 sat. 18:00 (a
JAM Study27日 sat. 17:00 (b
会場(a/ purevoice. (b/ F-studio.

千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス




____________________________________________________




by purevoice | 2019-01-27 01:55 | ・WORK SHOP | Comments(3)
2018年 09月 24日

皆がやっと開花してきた

ジャムセッションの醍醐味は、メンバーが入れ替わることで結果が大きく変化する点です。普段活動を共にするバンドメンバー同士ですと、お互いのアプローチに慣れており、安定はするものの、セッション視点からはサプライズに乏しくなります。しかし、そのなかに1人でも異なる色が加わるとたちまち新しいサウンドが生まれます。そのような音楽の化学反応を楽しめるのがジャムセッションです。


昨日9月回の JAM Study は、参加者全員が余裕あるムードでとても心地よいセッションになりました。ギターはシンプル追求、Keyは要所の押さえを優先、ベーシストの個性を生かすアプローチ、私はドラムでリズム空間を楽しみました。すべての予測が成功に繋がりました。


f0009667_21191260.jpg
なぜかこの時期はドラムに燃えます、、Eric singer Love...



昨日成功のポイントは、全員の演奏にスペースがあった点に尽きます。あれだけのリズムチェンジに全員が追従し、ひとつになれたことはここ数年のStudy で最も大きな成果でした。欲を言えば、全員で更にリズムを引張りあう遊び心、アドリブにおける攻めと遊び心、展開の遊び心と、、、すべて遊びの要素がもっと欲しくなりました。途中指摘した後のベースソロは完成に近い形となりました。


いずれにも、昨日のセッションは録画しておくべき産物であったことは間違いありません。残すことに負はなし、次回から久しぶりに録画モードに入ろうと思います。皆がやっと開花してきた感あり、早くも10月回が楽しみです。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice


____________________________________________________


purevoice ワークショップ 9月開催


アレンジ講座・8日 sat. 15:30(a

スタジオワーク・9 sun. 17:00(b

アドリブ講座・22 sat. 16:00(a

DTM講座・22 sat. 18:00(a

JAM Study23 sun. 17:00(b

TONE Study28 fri. 21:00(b

会場(a/ 柏purevoice. (b/ F-studio.



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-09-24 21:31 | ・WORK SHOP | Comments(0)
2018年 08月 29日

言葉無しで

JAM Study 8月回おつかれさまでした。今回題材は4ch.Recイベントにも通じるシンプルなアンサンブルで進行しました。リズムアプローチもこれまで研究してきた16beat から離れ、ギターロック土台の 8beat に立ち返りました。


この日初めて参加してくれたドラマーのSさん、大きな手応えを感じました。普段は女性ヴォーカルものをサポートするもの静かなプレイヤーさんです。しかし彼のプレイは誰よりも熱く、強く、語りがありました。


f0009667_13382654.jpg


検証途中、少し手数が多くなりましたが、目指すスタイルはしっかり伝わりました。短時間でこちらの要望に応えてくれた点も収穫、彼はスタジオプレイヤーに向いているとも感じました。すべての音をポジティブかつ冷静に捉えられる姿勢も嬉しく、最近なかなか出会うことがない貴重な人材です。


現場で与えられたアンサンブルを共に考え、お互いを尊重しながら会話する。そして最終的にハッピーな音楽が完成する。それができるチームに外からの話も集まるものだと再認識しました。


会話とは相手の言葉にこちらも返事をしようという気持ちの繰返し。

無論、言葉無しで通じ合えればそれが究極です。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice


____________________________________________________


purevoice ワークショップ 9月開催


アレンジ講座・8日 sat. 15:30(a

スタジオワーク・9 sun. 17:00(b

アドリブ講座・22 sat. 16:00(a

DTM講座・22 sat. 18:00(a

JAM Study23 sun. 17:00(b

TONE Study28 fri. 21:00(a

会場(a/ 柏purevoice. (b/ F-studio.



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-08-29 19:55 | ・WORK SHOP | Comments(2)
2018年 06月 11日

出音が命、です

purevoice スタジオ実習 2018-6月回 Noteです。今回はあらためて音視点を基本から確認しました。音を商品とするスタジオワークではプレイは当然のこと、まずは音素材の善し悪しが問われます。この件は海外のレコーディング現場にてその重要性を深く実感しました。出音が命、などと言われますが、楽器はもとよりボーカルに関してもその差は歴然です。アメリカ勢、本当に凄いです。


近年はDTM進化により、コンプを始めとするプラグインなどで音質感が自在に操れますが、そのことを良しとしてプラグインに頼る発想も少なくありません。これらを技量不足を補うために使用しますと実力は低下していきますので注意すべきです。あくまでも素(セルフ)でバランスがとれることが必須、要はエンジニア氏に頼ることのない素材提供がスタートです。


昨日の実習では、まず最終形がどのようになるのか予見する必要がありました。とくにベース音色は難しく、単にボトムが出ていれば良い訳でありません。プレイ音域やフィールにより音質は大きく変化しますし、それらを踏まえどうコントロールしていくのか。現状この点が雑なように感じました。


f0009667_18172616.jpg


プリアンプ導入での音質調整は、ある意味必須と捉えます。とくにベースはライン録音が多く、そのコントロール幅が明暗を分けるでしょう。自分はどのようなプレイをしたいのか、そのためのバランスはどうすべきか。プリアンプ部までは自己管理の範疇です。かつてエピソードとしてお伝えしたことがありますが、某著名スタジオプレイヤー氏が録音時にコンプをかけることを嫌った理由も自己管理の証だと思います。


現場で大切なことは自分で気付けることです。ぜひ昨日のアドバイスを忘れずに、再構築して下さい。

実習テイク、本日送信いたします。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 6月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 9 15:00(柏 purevoice 

スタジオワーク・日曜 10 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 22 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 23 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 23 17:00(柏 purevoice

JAM Study・日曜 24 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-06-11 20:15 | ・WORK SHOP | Comments(1)
2018年 06月 01日

星印はあるか?

2018/5月回のアドリブワークショップで取り上げた重要視点を再確認します。カリキュラムに記した星印はアドリブのみならず、音を出す全てのミュージシャン&ヴォーカリストが意識すべきポイントです。早速、翌日のJAM Study でもその意識と効果を試しましたが、期待した通り素晴らしい効果を得ることが出来ました。参加者も同じく感じたと思いますが、このレシピを知るとそれが出来ている人とそうでない人がはっきりと解ります。


f0009667_06313315.jpg

綺麗なものほどトゲがあるものです。即ちコントラストが肝要です。


私がよく話題にする友人某ベーシスト氏(学び時代の仲間)は、若くしてそのことをマスターできていた人物です。このようなシンプルな気付きが、意外にも大きな結果をもたらします。皆さんもぜひこれまでの pure-Rec 音源での自分の歌、演奏、そしてアレンジメント内容に照らし合わせてみて下さい。大切な星印はあるか? ないか?


さて6月がスタートしました。これからスクールの取り組みはエクササイズテストに向います。練習を行なう上で効果を高めるレシピを丁寧にマスターしていきましょう。できるか? できないか? ここもシンプルに、です。




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 6月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 9 15:00(柏 purevoice 

スタジオワーク・日曜 10 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 22 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 23 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 23 17:00(柏 purevoice

JAM Study・日曜 24 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-06-01 06:56 | ・WORK SHOP | Comments(3)
2018年 04月 02日

大切なことは「会話」です

新学期がスタートしました。いまも皆さんからいただいた音源審査シートを眺めながら、今期取り組みに大きな期待を寄せています。鉄は熱いうちに打て、のごとく春イベントへと突入します。審査に関しましては集計整い次第お伝えします。


さて少し間があきましたが JAM Study 3月回の回顧です。今回の手応えは、ベーシストたちのプレイでした。同じリフでありながら各人らしい呼吸とグルーブがしっかり感じられました。セッションは自由であるが故に、音を出す者同士で共通点が見出せることが重要です。これはバンドにも通じる視点です。


セッションに求められる点は、単に技術力ではないことも感じます。技量として器用なことに不利はありませんが、楽曲のポイントを外すとアンサンブルは崩れます。これが手グセで処理する懸念です。以前、ジャンルごとにその本質を理解習得する重要性を記しましたが、この研究量こそが力量の差に現れると感じます。何よりも周りを聞くこと、会話できること。ここもバンドに通じる視点だと思います。

先月の実技レッスンではホームランを打てたドラムクラスH氏、今回打席は惜しくも空振りとなりました。


f0009667_18184907.jpg


プロ選手も打てる時があれば、空振る時もある。大切なことはここ一番の試合に選抜されることです。そのためにまたトレーニングに集中していきましょう。


f0009667_18181549.jpg


まさに Let the Drums Speak !


セッションは様々な人たちと音が出せる楽しい世界。前述しましたが、大切なことは「会話」です。これからも少しでも多くの人たちと会話できるようになるために、沢山の言語を紹介していきます。 次回 JAM Study は4月22日です。



[ pure-Rec クレジット送信のお願い ]

曲名/作詞/作曲/編曲/サポート者など、まだご連絡いただいてない生徒さんはスクールアドレスまで、早急にご返信をお願いいたします。




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 4月開催


スタジオワーク・日曜 8 17:00F-STUDIO

アレンジ講座(上級)・土曜 14 16:00(柏 purevoice) 

TONE Study・金曜 20 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 21 17:30(柏 purevoice

JAM Study・日曜 22 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-04-02 19:20 | ・WORK SHOP | Comments(1)
2018年 03月 16日

スタジオワーク実習 2018.3

スタジオワーク実習3月回、回顧です。


今回題材は、2月 JAM Study で用いたシンプルなファンクビートにて検証、とくにベースが要となるアンサンブルを用意しました。通常現場ではラインの譜面指示があると思いますが今回はあえて外しました。ドラムパートも細かい指示はせずに、シンプルなアプローチとしました。


スタジオ現場では指示通りに演奏する力量に加え、自らプレイ創作できる視点が重要です。今回はその力量が明暗を分けたように感じます。私も実際のアレンジ現場では、プレイヤーの個性を優先し譜面指示は最低限に押さえます。今回用いた譜面、この程度の記譜量で満足するアレンジ作品は多数存在します。


実習アドバイスです。1)手癖から脱すること。2)周りをもっと聴くこと。3)要求されたジャンルを理解すること。(プレイ幅を広げる)


今回はファンク題材でしたが各ジャンルに対する基本を深く掘り下げることは必要です。手癖の指摘をしましたが、自分の世界にこだわるとそこで止まります。優先させるべくは自分のプレイではなく、アンサンブルです。そして、題材となるジャンル基本を押さえられることです。ジェマーソン氏の某音源を過去に紹介しましたが、そのことが実証されています。巨匠プレイヤー全員が、氏のジャンルを素晴らしく表現できていることがその証明です。


早速、実習参加者(Dr)との個人レッスンがありましたので、再度同じ内容で音を出しました。気がつけば約1時間、休み無しでJAMりました。グルーブに対するシンプルな注意点を1点のみ伝えただけで別人となりました。


記事続けます。




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 3月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 10 16:30(柏 purevoice) 

スタジオワーク・日曜 11 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 23 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 24 16:00(柏 purevoice

JAM Study・日曜 25 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-03-16 12:59 | ・WORK SHOP | Comments(3)
2018年 02月 27日

JAM Study 2018.2月回

2018-2月回、仕上がりまで少し時間がかかりましたが、結果素晴らしいアンサンブルが完成しました。要点残します。


昨日の表彰台は、ベーシストが弾いたkey アプローチ。またそれを導いたギターアプローチです。JAM でありながらもバンドクオリティのアンサンブルが完成しました。


なぜ、ベーシストがあのような keyを弾けたのか? それはアレンジメントを優先できた結果です。ギターパートも同じくで、どちらもシンプルかつカッコいいプレイに思わず声を上げました。あのような空気感こそがジャムセッションの醍醐味。ボトムサイドも各ベーシストの個性が適正に反映され、アンサンブルをしっかり支えてくれました。

f0009667_06393235.jpg

優しい花が樹木を支えるアンサンブル、素敵です。


音楽の波がアンサンブルとなると、長時間のジャムもあっという間に感じます(曲作品も同じですね)。終演後にプレイバックした紹介音源がその完成スタイルです。皆さんもこの視点で、改めてお持ちの音源を聞いてみて下さい。聴こえ方に違いが現れているはずです。


次回もコアな題材を用意いたします。次回 JAM Study は3月25日です。



p.s

ギターさん、今年入ってからジャムの手応えを感じます。いまこそ伸びしろです。




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 3月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 10 16:30(柏 purevoice) 

スタジオワーク・日曜 11 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 23 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 24 16:00(柏 purevoice

JAM Study・日曜 25 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




by purevoice | 2018-02-27 06:40 | ・WORK SHOP | Comments(0)