Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:・PICKUP STUDENTS( 282 )


2018年 11月 26日

pure-Rec 2018 受付完了しました

もうすぐ12月、今年もスクールイベント/pure-Rec を迎える時期となりました。早い生徒さんは本番に向けた調整も進み、エントリー曲のデモも聞かせてくれました。どの作品にもこれまでとは異なる大きな手応えを得ています。それは、曲の創作視点がDTMやアレンジに流れることなく、曲本質をしっかり捉えていた点に正しい道筋を感じています。昨日エントリーが完了、この先は各自また作品創作、そしてブラッシュアップに集中して下さい。


purevoice 18年目にして、スクールに初めて用意したものがありました。それは、この日が来るまで待っていたとも感じます。このタイミングで、スクールの変わった事、変わらない事、そのすべてを知る生徒さんが purevoice へ足を運んでくれました。その方、前記事で紹介したドラマー正木氏です。


f0009667_12515289.jpg

今月、再び学びをスタートさせた正木氏(左)。 2017年期 pure-Rec 審査グランプリ受賞者のベースクラス竹内氏(右)。


2人の再会に懐かし場面を思い出しました。それは竹内氏がまだ高校生の頃、正木氏が先輩として彼をアシストしていた場面です。約10年前でしょうか、たしかそのブログ記事もあると思います。ここでの再会は、講師もこの上ない喜びの気持ちでいっぱいです。


f0009667_12522666.jpg


またこうして皆が学びの舎に集まり、年末イベントを迎えられることを嬉しく思います。

pure-Rec 2018、今年もしっかりと準備をして進めたいと思います。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 12月開催

◯ 作曲基礎講座・1日 sat. 14:30 (a
◯ アレンジ講座1日 sat. 18:00 (a
◯ スタジオワーク実習・2日 sun. 17:00 (b
◯ DTM講座・8日 sat. 15:30 (a
◯ アドリブ講座8日 sat. 16:30 (a
◯ TONE Study・14日 fri. 21:00 (a
◯ JAM Study(調整中)

会場(a/ purevoice柏. (b/ F-studio.


千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________





[PR]

by purevoice | 2018-11-26 12:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(5)
2018年 11月 11日

purevoice 卒業生からのレッスン要請

当NOTEで多くの記事、そして嬉しい思いを沢山書かせてくれた卒業生が本日レッスン復帰します。彼との関わりはもはや語るに及びません。そのお方、ドラマー正木氏です。

f0009667_14244867.jpg

purevoice 卒業後は数々の現場で活躍。とくにNHK/SONGSや歌謡祭歌番組でのアーティストサポート、そして海外での活動実績は大変嬉しい話題でした。その現場が私自身フェイバリットとする世界的プレイヤー氏との共有であったことは、いまでもしっかり記憶に刻まれています。

彼のスクール復帰話題でとても嬉しかったことがあります。それは、この話題を多くの生徒たちが心から祝してくれたことです。この話を聞いた瞬間の生徒たちの表情は生涯忘れません。それが正木の実力であり、いま様々なシーンで必要とされる人材であることの証しと感じます。

柏で音楽スクールを開校し18年が経ちましたが、ここまで続けられたのも彼の尽力が多大です。私自身、音楽指導という取組みを決意したコンセプトが、生徒さん同士のこのような関係からによるものであることを再確認しています。

彼とのレッスン再始動、今夜初日です。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
____________________________________________________

purevoice ワークショップ 11月開催

◯ 作曲基礎講座・10日 sat. 14:30 (a
◯ アレンジ講座・10日 sat. 15:30 (a
◯ スタジオワーク実習11日 sun. 17:00 (b
◯ TONE Study23日 fri. 21:00 (a
◯ アドリブ講座24日 sat. 15:30 (a
◯ DTM講座24日 sat. 17:30 (a
◯ JAM Study25日 sun. 17:00 (b

会場(a/ purevoice柏. (b/ F-studio.


千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-11-11 15:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(5)
2018年 08月 20日

cool !!

イベント最終日、最高のレトロマシンが登場しました。このサウンドは使える!

f0009667_15004419.jpeg

もしもこのままショップに置かれていたならば、即ゲットに値する貴重なギターです。講師も久しぶりにインスパイアされました。某生徒さん、このマシンで斬新かつ個性ある作品にトライしてくれました。ちなみにリズムレス、です。

purevoice のイベント取組みを通じ願う事があります。それは自分を同じ世界に留まらせないことです(出来ることで慣れないで欲しい)。いま学ぶ時期は、新しい情報を積極的に取入れ、実践し、自分を進化更新させることが肝要です。そのことであらためて、本来の自己世界を客観的に捉えることができるようになるでしょう。今回の 4ch.イベントも、イベントの進化形であり多くの発見がありました。この先ミックス作業とマスタリングが楽しみ、今年の音源は早めに完成できそうです。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice


____________________________________________________


purevoice ワークショップ 8月開催


スタジオワーク・日曜 4 17:00F-STUDIO

アレンジ講座(上級)・土曜 11 16:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 24 21:00(柏purevoice

アドリブ講座・土曜 25 15:00(柏purevoice

DTM講座・土曜 25 17:00(柏 purevoice

JAM Study・日曜 26 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-08-20 18:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(2)
2018年 08月 17日

Rec Event 終盤戦です

purevoice 夏イベント、今年は新しい録音コンセプトのなか皆さんが素晴らしいパフォーマンスを残しています。イベント前半はバンドセットの同時録音が成功、一体感あるアンサンブルとプレイエネルギーはあらためて皆さんの上達が確認できました。


今回、あえて4ch.Rec というチャレンジ規定を設けたのも、このハードルに皆さんは応えてくれると予見していました。その予見は的中、曲創作とアレンジ構築視点に対しても新しい発見を得ることができました。


f0009667_15515460.jpg

後半戦はドラムトラックスを相手にしたセットが楽しみ


レコーディングイベントは19日に向けてラストスパート中、Music school purevoice のレコーディングイベント史上、最もシンプルなレコーディングを満喫しています。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________


[ Music school purevoice 夏レコーディングセッション ]

開催期間:8月11日~ 19日 会場:F-STUDIO



purevoice ワークショップ 8月開催


スタジオワーク・日曜 4 17:00F-STUDIO

アレンジ講座(上級)・土曜 11 16:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 24 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 25 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 25 17:00(柏 purevoice
JAM Study・日曜 26 17:00F-STUDIO


[PR]

by purevoice | 2018-08-17 15:53 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(1)
2018年 07月 25日

実力を準備する

先へ進むためには多くの準備が必要です。フィジカルとメンタル、どちらも重要項目です。私がこれまで現場で関わらせていただいた方々は、そのどちらも素晴らしく準備されている人ばかりでした。これは音楽業界だけのお話ではなく、どの世界においても同じだと思います。とくにスポーツの世界における主力選手たちは確実に準備実践できている人たちです。であるから主力なのでしょう。


メンタル的に強くても、単に勢いだけではどうにもならないことは周知です。あたって砕けろ、とも言いますが、本当に砕けてしまっては本末転倒です。ここはとくに音楽人は注意すべきです。SNSでいいね!をもらうことやライブチケットの売り上げも重要でしょうが、最後に判断されるのは実力です。つまり、人生における時間の投じ方が自分が到達する場所を左右するのです。


自己準備については、今月確認させていただいたエクササイズ検証ではそのことが浮彫りとなりました。これまで学んだ題材をどれだけ繰返し練習してきたのか、準備できたのか、検証時に録画した映像と音が証拠となりました。夏レコーディングの取り組みももうすぐ開始しますが、すでに準備されている生徒さんの情報も確認しています。エクササイズ検証の結果については、8月レッスンにて個別にアドバイスしていきます。


関連話題として、先日生徒さんにお仕事を発注する流れとなりました。この機会は彼にとってとても大きな試練となることでしょう。楽曲制作とアレンジメントの〆切は今週中、3曲です。もちろん彼はここを越えられる準備は出来ている、と確信しています。そのことはこれまでのレッスン取り組みでもデータとして残されています。私も丁度彼と同じ年の頃に試されたことを思い出しましたが、その時は本当に基礎を固めておいて良かった、準備しておいて良かった、と実感した瞬間でした。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 7月開催


スタジオワーク・日曜 8 17:00F-STUDIO
アレンジ講座(上級)・土曜 14 15:00(柏 purevoice
JAM Study・日曜 22 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 27 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 28 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 28 17:00(柏 purevoice




千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-07-25 08:31 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(3)
2018年 07月 12日

re-Rec 作品公開

常に自分を更新させる、向上させる。その手応えをどう得るのか? まず客観的意見に目を向けることが大切です。毎年開催していますpurevoice生対象の音源制作イベント「pure-Rec」は、それら意見が具体化される絶好の機会です。そして今年は、その作品を更にブラッシュアップすべく新たな企画として「re-Rec」がスタートしました。これら一連の取り組みは、生徒たちの創作活動を真にサポートするイベントとして確立することができました。


早速、記念すべき初作品を soundcloud に公開しています。

2017年期 purevoice 審査グランプリ受賞作品/beer、クリエイターはベース科マスタークラス/竹内氏です。



f0009667_06080494.jpg

ベース実技を中心に、作曲、編曲、DTMと音楽を幅広く学ぶ彼は、現在クリエイターとしての実力を確実に身に付けています。soundcloud にアップしたのは「re-Rec」での完成形です。打込みを基本としながらも、生のホーンアレンジやストリングスなどの上モノアレンジが印象的です。「re-Rec」ではヴォーカルトラックは「pure-Rec」時のまま細部アレンジを見直しました。


f0009667_13400490.jpg


写真は本人の所有機材/AKAI MPC。今回はこのMPCを操り、アレンジメントをブラッシュアップしました。機材を自分のものにすることは確かな自己更新であり、作品本質にも繋がる大切なキーワードです。この作品のミックスダウンは私自身も沢山のアイデアに包まれながら楽しく作業ができました。


竹内氏の「re-Rec」完成版をフルバージョンで公開していますのでぜひご試聴下さい。ミックスに関しては、pure-Rec時とは異なるコンセプトにて完成させています。



スクール審査グランプリ受賞曲

soundcloud link

https://soundcloud.com/user-313835781/purevoice-recording-file-rtakeuchi-2018-july




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 7月開催


スタジオワーク・日曜 8 17:00F-STUDIO
アレンジ講座(上級)・土曜 14 15:00(柏 purevoice
JAM Study・日曜 22 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 27 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 28 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 28 17:00(柏 purevoice




千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-07-12 06:15 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(5)
2018年 06月 29日

監視役の意味

ある生徒さんとの re-Rec 経緯から、自宅で(独りで)作業する際に注意すべき点が浮かび上がりました。DTM作業、とくに生パートの録音時における注意点を指摘します。


近年自宅での録音作業が一般的になりました、このことで動画サイトやSNS系などへの作品投稿も手軽になりました。クリエイターたちにとっては嬉しい流れです。purevoice のレッスンでもこの環境を押し進めるべく講義を積極的に行っています。しかしお手軽にできるが故に落とし穴もあります。少し長くなりますが、自宅録音に興味のある方はどうぞお読み下さい。


1.エンジニアの役割


私たちが普段録音をする際にお世話になる場所はスタジオです。そしてそのスタジオにはハウスエンジニアがいます(外部フリーの方も多くおられます)。彼らはその道のプロですから作業のすべてを任せることができ、私たちはプレイに集中できます。作業中に問題があれば、彼らはすべて迅速に対応してくれますし、それが彼らの担当パートでもあるわけです。スタジオの音=エンジニアの技量、と言えるほど重要なセクションです。


2.自己責任


しかし皆さんがご自宅でDTM作業をする際はエンジニアはいないと思います。すなわち自身がエンジニアとしての責任を担うことになります。ですので、録音するトラック音質やバランスがそのまま完成素材となります。今回の落とし穴は、ある生徒さんのヴォーカルトラックを聞いたところ、言葉や呼吸が不自然な仕上がりとなっていました(パンチインアウトの結合部が適正でない)。また素材自体にも雑音が多く含まれており利用できる素材状態ではありませんでした。この彼の楽曲は新境地でもあり、私も大きく期待していたが故にとても残念でした。


最初の指摘通り、録音時に監視役(エンジニア)がいれば問題はなかったはずです。雑音に対しては録音レベル、マイキング、環境調整などすべて指摘してくれたことでしょう。録音時の対策が不適切なこともありますが、それ以前に、歌(発声)自体にも目を向けるべきかも知れません。ここはプロデューサーの監視になるでしょう。DTMはセルフで行なうことでの利点もありますが、その反面リスクも覚悟しないといけないのです。


3.自分でできるからこそ


最たる注意喚起は、このトラックを納品するにあたり単独でプレイ確認したのか? ということです。今回のようにノイズが含まれたトラックをそのまま納品するということは? その後のことをイメージ出来れば、自分ですべき作業は見つかるはずです。この点は、ある仕事現場で某プロデューサーがトラック確認のためだけに別スタジオを用意してくれた経験にその志とシビアな意識を教えられました。それもプロとして当たり前の行為だったのでしょう。余談ですが、この作業は録音をする作業以上の労力を要するものでした。


エンジニアリングで最も難しいのが生の録音です。そして今ご自宅で簡単に行なえるのも生の録音です。手軽にできるが故に、このジレンマにどう向き合うか? 作業が増えればそのぶん注意散漫になることは明白です。自己を自己で監視する、それができればセルフ世界に向いているとも言えるのでしょう。


f0009667_19181723.jpg


自分の時間を最大に使い創ったにもからわらず、落とし穴に落ちたまま過ぎ行くことは本当に危険です。そしてこのことは誰も教えてはくれないと思います。やる事、できる事、が増える事は良いのでしょうが、それなりのパワー分散は覚悟すべきです。今回指摘の生徒さんの集中力は並々ならぬものがあるが故に、監視さえ正しく行なえば進めると思いますし、この経緯はある意味彼にとっての成功だとも思います。この記事を私からの監視結果としてもらえたら幸いです。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 7月開催


スタジオワーク・日曜 8 17:00F-STUDIO
アレンジ講座(上級)・土曜 14 15:00(柏 purevoice
JAM Study・日曜 22 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 27 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 28 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 28 17:00(柏 purevoice




千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-06-29 19:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(3)
2018年 06月 18日

自分で考えて答えを出す

何故すぐに出来るのか? いつもルーキーDrummer/Rくんに驚かされます。re-Rec ではプレイとアレンジ修正が見事成功、最近ではセッションも自由にできるまで成長してくました。ここ最近は急に背も伸びてきて、一般のドラムセットでも十分な体格となりました。足が KICKペダルに届かなかった頃が懐かしいですネ。


f0009667_20500680.jpg


Rくんはいつも新しい課題に積極的にチャレンジし、そして発見をしてくれます。彼がどんどん上手くなる理由のひとつには、「自分で考えて答えを出す」という点があげられます。レッスン中も何度も何度もドラムを叩き、感覚を掴んでいます。このところフォーム修正を行ってきましたが、すぐにその理由も理解してマスターしてくれました。


アドバイスの本意を理解できることは実力のひとつです。ただ言われたからやる、では身に付きません。もうすぐ今期エクササイズテストですが、彼はその理由も理解していると思います。先週の新エクササイズがサクッとできたので、次回も次課題へ進もうと思います。Rくんとのレッスンが毎週楽しみです。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 6月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 9 15:00(柏 purevoice 

スタジオワーク・日曜 10 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 22 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 23 15:00(柏 purevoice

DTM講座・土曜 23 17:00(柏 purevoice

JAM Study・日曜 24 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-06-18 21:00 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(0)
2018年 05月 20日

purevoice 審査受賞者/グランプリ

purevoice 2017年期審査

グランプリ「 beer 」/竹内隆太(ベース・マスタークラス)


昨年は準グランプリ、今回は多くのカテゴリーで高得点を得て初のグランプリ受賞となりました。竹内氏は高校時代からレッスンを積み重ね、社会人となった今も着実に上達している生徒です。本人より言葉もいただきましたが、いまは学生時より明らかに時間制約があるけれど、逆にここ最近が最も成長体感があるとのこと。これは私自身も同感で、彼の上達に対する指導内容、範囲、難度をコントロールしてきたことが正しく機能したと感じます。


f0009667_13203166.jpg

録音本番直前の真剣表情に意気込みを感じます



彼はプレイヤー活動に加え、アレンジャー・コンポーザーとしての手腕を身に付けることに積極的です。各レッスン科目に対する適応もスムースで、指導内容は回を重ねる度に現場サイドへと向っています。打込みやアレンジに着手すると楽器演奏が疎かになることもありますが、purevoice の発想はそれを恐れません。演奏の質を上げるためにこそ音楽全体を見極める能力が必須であり、アレンジセンスのあるプレイヤーこそ優れたプレイヤーであると確信しています。


f0009667_13220580.jpg


音楽的にフレキシブルであること、音楽を総体的に扱えることが今後のシーンに必要な視点です。この点からも、現在の竹内氏は高性能のエンジンを備えていると感じます。そして更なる成長がイメージできることに最大の評価を置いています。


f0009667_13213772.jpg


優勝旗(優勝樹)にまた新たな名前が刻まれました。 先日記事では、じゅんごろう氏が最も長くレッスンに参加していると記しましたが、年代歴では隆太が先輩でした。初美ちゃんや正木、松浦たちが学んでいた頃の空気を知れていることは真の財産です。そしていまなお新しく進む隆太の姿勢もです。このグランプリ結果をまた新たなスタートとし、更なる成長を願っています。今期も共に本質を追求していきたいと思います。


p.s

隆太、初のグランプリおめでとう!

高校時の隆太レッスン映像が出てきたので近々一緒に見ましょう。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 5月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 12 15:30(柏 purevoice 

スタジオワーク・日曜 13 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 18 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 26 15:30(柏 purevoice

DTM講座・土曜 26 17:30(柏 purevoice

JAM Study・日曜 27 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-05-20 16:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(2)
2018年 05月 16日

purevoice審査受賞者/審査員特別賞

purevoice 2017年期審査

審査員特別賞「Wrong」/宮地良琉夢(ドラム・ジュニアクラス)

f0009667_14324292.jpg


2017年期 pure-Rec にて、プレイ、作曲、アレンジ、シンセプログラムとすべて自分のチカラで達成。ジュニアでありながら、先輩たちと同等に肩を並べるオリジナル作品が評価されました。いつも影で支えてくれるお父様の存在も忘れてはいけません。いつもスクールイベントへご一緒に参加していただけることを嬉しく思います。


re-Rec では、シンバルアクセントとフィルのエネルギーが数段高まりました。アドバイスをすぐに習得できる点がいつもサプライズです。子供は発見することに長けており、こちらが意図していない点に気付いてくれることも多々あります。


f0009667_18461520.jpg

何よりも自己流による癖が付いてない時期からレッスンできたことがプラスであると感じます。


先日、先輩作品をラルくんに聞いてもらったところ、瞬時にドラムアレンジを分析してくれました。その的確な分析力は正直驚きました。これまで指導してきた内容以上のことを理解できていました。今後もドラム実技に加え、作曲理論とDTM知識を学びながら音楽的視野を更に大きく広げてくれることでしょう。これからもお父様とのイベント参加を楽しみにしています。ラルくん、特別賞おめでとうございました。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________



purevoice ワークショップ 5月開催


アレンジ講座(上級)・土曜 12 15:30(柏 purevoice 

スタジオワーク・日曜 13 17:00F-STUDIO

TONE Study・金曜 18 21:00(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 26 15:30(柏 purevoice

DTM講座・土曜 26 17:30(柏 purevoice

JAM Study・日曜 27 17:00F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

by purevoice | 2018-05-16 18:50 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(1)