Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 23日

休講のお知らせ、9/1(金)


9/1(金)
レッスン休講です。
振替レッスンは、9/3(日)に行ないますので、各自調整のこと。
________________________________

9/2(土)
「SmokyJAM@健康 Vol.7」 18:00〜 / FAT TIME
________________________________

9/15(金)、16(土)
エクササイズテスト 各自レッスン時に行います。
________________________________

10/1(日)
Master course recording 実習 / NSM practice room
________________________________


<テスト実施に関して>

purevoice部外者(ビジター)の方でエクササイズテストに興味のある方、
自己診断を受けたい方、簡単なエクササイズテストにチャレンジしてみませんか?
上達に悩んでいる方もまずは自己診断から始めませんか?
結果詳細は個別カルテを添えてリタンいたします。

エクササイズテストに興味ある方は下記までお気軽にお問合せ下さい。
Eメール/pure_voice@mac.com


WE ENJOY TEH MUSIC / purevoice
[PR]

by purevoice | 2006-08-23 02:00 | ・LESSON SCHEDULE | Comments(9)
Commented by おかだしゅん at 2006-08-23 02:46 x
駒形さん、ピュアボイスの皆さん、ご無沙汰しております、左利きベースのおかだです。
今日までNYへ旅行に行っていたので、コメント欄ではありますが、素晴らしい体験ができたので書かせていただこうと思います。
NYでの滞在は3泊で、毎晩素晴らしいライブが観られました。
1日目は日本人ピアニストのジャズトリオ(ドラムも日本人)。本場で日本人が頑張っているととても励みになります。
2日目はハーレムにてビッグバンド。70過ぎたおじいちゃんドラマーが楽しそうに叩いているのが印象的でした。
3日目のスティーリー・ダンは、さすがといった感じです。(会場はPAでした。)
バックバンドはタイトなアンサンブルの中にもそれぞれの個性がよく出ていて、特にドラムのキース・カーロックはSDの二人もお気に入りなのか、見せ場が多かったと思います。
もちろん、SDの二人も素晴らしい演奏を聞かせてくれました。
ライブならではのアレンジ、空気もさすがといった感じです。
今回はマイケル・マクドナルドとのツアーということで、計3時間以上の長いステージでしたが、とにかく感動の連続でした。
Commented by おかだしゅん at 2006-08-23 02:48 x
続き

今回それぞれ雰囲気の違ったライブを3本見たのですが、素晴らしいライブに3本とも泣いてしまいました(SDは3時間泣きっぱなしでした。)
NYはふと入ったライブバーや公園で有名・無名を問わず素晴らしいライブが聞けるとても刺激的な場所です。
今晩もFat timeくらいのサイズの55Barではマイク・スターンとアンソニー・ジャクソンがライブをしている!しかもチャージフリー!!
そんな場所です。
また色んな人種や文化が混ざり合っているためなのか、すべてが新鮮で刺激的。
演奏する人も観客も一緒に空気を作っている感じがとても印象的でした。
いつか向こうで演奏したいなぁと思いました。

9月のSmoky Jamは残念ながら参加できそうにありませんが、10月はぜひ久しぶりに参加したいと思います。
よろしくお願いします。長文、失礼しました。
Commented by purevoice at 2006-08-23 17:05
しゅんぼう>
NYでは良い経験ができたね。
日本には様々な情報があふれている。しかし情報は情報でしかない。
なにより実際に肌で感じた者、真に体験した者のみが知り得ることはあるね。
感動したことは心にしっかりと刻まれるもの。
そしてこのデータは命が終わるまで消えないさ。
きっとこの夏の経験は生涯の種になるはずだ。

私もかれこれ16.7年前にレコーディング仕事でNYに訪れた。
その時のことは昨日の出来事ようにしっかりと記憶に残っている。
当時私はアレンジャーという立場をフルに生かし、フェイバリットプレイヤーを自由に呼んだ。
NYでは、今回しゅんぼうが55Barで見たスーパーベーシストのアンソニージャクソンはもちろん、LAでは、ネイザンイースト、リッキーローソン、グレックフィリンゲインズ、ジェリーヘイ、ケイ赤城らとのコラボレイトも実現した。
まさに至福の時だったね。このデータは一生消えない。
記憶はいずれこのブログでも伝えたい。

しゅんぼうは、「いつか向こうで演奏したい、、、」と書いてくれたが、
思っていれば必ず実現する。必ずそのチャンス、場は与えられるさ。
プレイ、その時に決めればいい。
またSmokyJAMで会おう。
Commented by 中村です at 2006-08-23 23:38 x
アメリカネタなのでちょっとだけおじゃまします。私がいたニューヨーク州の大学(残念ながらニューヨーク市ではないのだが)には、学園祭の野外ステージにタラス(ビリーシーン在籍)、ロジャー、ブラックウフル(ベース:ロビー・シェクスピア、ドラム:スライ・ダンバー)が来ました。学園祭なので、もちろんチャージフリー。アメリカの層の厚さって凄いよね。アメリカでは日本では考えられないようなスーパーセッション(実際には見れなかったが、マイケルジャクソンのコンサートにエドワードバンヘイレン乱入とか)もあるから見れたらラッキーだよね。20年以上前のネタなのでメンツが古いのはご容赦。ではまた
Commented by purevoice at 2006-08-24 00:04
中村さん>
いま思い出すが、中村がアメリカ行く前にロック研の出店でうろうろしていた姿、印象に残っている。なんでかね、やっぱりアメリカは偉大なんだろうね。いや、中村氏が偉大なのかな??(笑。ともかくも、経験は後に生かせる。だからみんなにはできる時に得て欲しい。見れるときに見て欲しい。海外ではチャージフリーはよくあるが、決してミュージシャンがタダで演奏してる訳ではなく、エージェント〜バックサポートがしっかりしている。こんな環境は素晴らしいね。
Commented by JAMES at 2006-08-25 03:01 x
しゅん>
非常に濃厚な3泊だったね。
オフの夜なしでライブ三昧、うらやましいよ。
特に3日目のSTEELY DAN & MICHAEL MCDONALD
興味深いなあ。
STEELY DANの曲にMICHAELのコーラスが乗るなんて
70年代当時の再現、恍惚の瞬間だね。
その組み合わせで「KATY LIED」あたりの曲はやったのかな。
MICHAELはここのところMOTOWNのトリビュートアルバムを
連発していたので、そこからの曲もきっと演っていただろうね。
個人的にここいらへんのみやげ話聞かせてほしいです。
Commented by おかだしゅん at 2006-08-26 01:02 x
みなさん、レスありがとうございます。

マイケルソロ→SD→SD+マイケルという構成でした。
SD+マイケルで、Katy Liedからは1曲もやりませんでした。
(Katy LiedからはChain lightningのみ、しかも、一緒に行った方)
Commented by おかだしゅん at 2006-08-26 01:16 x
すいません、切れてしまいました。

(Katy LiedからはChain lightningのみ、しかも、一緒に行った方によるとChain ~は3日前のステージでは入っていなかったとのことです。代わりにDeacon Blues、Black Fridayをやったみたいです。)
全体的にはAja、The Royal Scamの曲が多かったイメージです。
マイケルのソロのセットリストはソロ曲、Motown、ドゥービーが3分の1ずつといった感じでした。
~Grapevineがいい感じでした。
Minute by Minute→What a Fool Believes の流れはめちゃめちゃかっこよかったです。
それにしてもマイケルはいい声。そして、ピアノがかっこいい!!

駒形さん>
それにしても、本当に貴重な体験ができました。
以前アンソニー・ジャクソンの話を聞かせていただいた時は鳥肌モノでした。うらやましい限りです。

中村さん>
これまたすさまじい組み合わせですね!
ヴァンヘイレンとのライブでのBeat itとかすさまじそうですね。
すごいなぁ、アメリカ。
Commented by 中村です at 2006-08-28 01:09 x
しゅんくん>新聞に書いてあったんだが、君のいうとおりエディーは、アトランタでマイケルジャクソンのコンサートのBeat itで乱入したんだと。
話は変わりますが、
本日はブルーノートにチックコリアを見に行ってきました。私はチックはこれで4回目のライブになるのですが、これまでの3回のライブでは私が
チックコリアのナンバーで一番好きな「スペイン」を聞けたことがありませんでした。で今日はついにそのスペインを聞くことができました。ほんとに
感激です。やっと本物が見れた嬉しさに思わずウルウルしてしまいました。そのスペイン演奏時にはバンド全体を味わう余裕などなく終始チックの手だけ見ていました。やっぱり本物はいいという実感でした。
オジサンの感動した話・・・完  


<< purevoiceサマーセミナ...      purevoiceサマーセミナ... >>