人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2020年 06月 22日

審査受賞者/2019年期 準グランプリ

2019年期審査イベントの結果公開を続けます。

purevoice 2019年期音源審査 準グランプリ/1250点
「 ふたりの結末 」/吉田"James"雅人(ギター アドバンスドクラス)

スクール生徒さんの最年長、james氏です。プライベートの活動では Vo.アーティストのライブサポートや講師のエキストラなども担ってくれた実力あるギタリストです。

審査受賞者/2019年期 準グランプリ_f0009667_15554482.jpeg

今回エントリーしてくれたのは、女性ボーカルさんとのユニット作品でした。ボーカルさんは元々キーボードプレイヤーで、Vo.レコーディングは初めてとのことでした。しかしそれを全く感じさせない歌唱力で、Jポップの基本王道をピュアに歌い上げています。彼女の歌を最優先させたメロディーはとてもポップでした。作詞はボーカルさんで、まさしくユニットとしての調和が残されました。

審査受賞者/2019年期 準グランプリ_f0009667_15543361.jpeg


レコーディング時のエピソードがあります。それは、ギターダビング時のやり取りが現場クオリティーで進行したことでした。彼が創作したギターフレイズに対し、私は新たなニュアンスを伝えました。私なら、こう弾く、というアドバイスです。とても細かいニュアンスでしたが、James氏はそれをしっかり達成してくれました。

難しいことを伝えるには、相手ができることが前提です。「できるならば、」更に難しいステップへと連れて行きたく思います。「できるならば、、」の言い方を変えれば、「やろうとする意志があるなら」なのかもしれません。James氏にはそれがありました。

年に1度のこの実習では、問題点のチェックと改善策のアドバイスが、生徒さんのオリジナル曲を用いてできる絶好の機会です。今年は春のイベントが開催できなかった分、夏レコ開催への期待も
膨らませています。当楽曲はビジネス展開の視野があり、更なるブラッシュアップを楽しみにしています。

James、準グランプリおめでとう!


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
_________________________

音楽教室・ピュアボイス


現在、コロナ感染対策のためイベント、一部ワークショップをお休みしています。

再開については決まり次第ご案内いたします。





by purevoice | 2020-06-22 19:12 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(0)


<< 審査受賞者/2019年期 グラ...      審査受賞者/2019年期 第3位 >>