Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 22日

purevoice 1DAYセミナーレポート

5月下旬から今月にかけて、高校生を中心としたビギナー対象の1DAYセミナーを開催しています。この1DAYセミナーは、ギタリスト/ベーシスト/ドラマー/ボーカリストを対象に、音表現の基礎を学ぶ1日完結セミナーです。今週末にボーカルセミナーを残していますが、もはや沸騰点ギリギリのセミナー現場レポートを記します。
f0009667_14414090.jpg




セミナーには、楽器を始めたばかりの高校生が多く参加してくれました。本人はビギナーと言ってはいるものの、中にはアドリブソロをガンガン決めてくれる参加者もいました。ビギナープレイヤーに対して投げかける視点は、ほとんどが基本フォームです。いや、もしかしたらJAMセッションなどにも十分参加できる技量をもつ熟練者でも、能率の悪いフォームで弾いている人を時々見かけることがあります。どのようなものにも通じることですが、上達を目指す上で基礎・基本を知ることは必須です。逆に、基本を知らずして応用にはつながらないことは周知の事実でしょう。セミナーでは、指を開くための練習法から正しいフィンガリング技法まで、初歩から丁寧にレクチャーしていきます。高い音楽表現を目指すからこそ、克服しなければならない要件はあります。セミナーは私が模範演奏を行ないながら、奏法基礎の実際と理由のすべてを見極めながら進めていきます。肉眼で体感できる至近距離のなか、上達に役立つ内容を1つひとつ解りやすく実演していきます。

f0009667_14403562.jpg

私の与える題材に正面から取り組む参加者たちの真剣な眼差しとひたむきな姿勢には、
私自身がフレッシュなパワーを与えてもらえました。
f0009667_144441.jpg

ギタークラス/ベースクラスでは、基本フィンガリング(運指練習)から開始です。
独学での間違ったフォームを完全矯正します。
下の写真は、指に無理な力が入ってしまい人指し指が伸びきってしまった悪いフォーム例です。
押弦位置もジャストポイントから外れています。↓
f0009667_172572.jpg

f0009667_1441115.jpg

上の写真は、弦を指の先でしっかりと捉えられていない悪いフォーム例。
爪が伸びている事自体、NG大賞受賞です(笑。


初心者の奏法は様々なサプライズがあります。だれでも初めは1年生、知らなくて当たり前、出来なくて当たり前。だからこそ、そこに指導追求の本質があります。基礎練習は決して難しいものではありません。では何が?難しいのか?? それは、練習という退屈な行為?に向き合う切っ掛けを持つことでしょう。ある程度演奏できるようになると、誰でもバンドをやりたいし大好きな曲のコピーもしたい。素晴らしいことです。ですが、残念なことは、基礎の無いままの状況にあることです。更に付け加えれば、「正しい手法での練習法」を知らないことです。結局、基礎のない状態で演奏を進めてしまうがため、独学での間違ったフォームや奏法が深く身に付きます。こうなると修正にはかなりの労力を要することになります。今回のセミナーでは、とくに基本中の基本である奏法フォームに集中しレクチャーを展開しました。指開きトレーニングなどでは、参加者みんながのけ反りながらの初体験でしたね(笑。楽しみながら練習することは上達への近道。なによりも切っ掛けが大切なことなのです。

以前purevoiceのテスト映像公開と共に、フィンガートレーニングの絶大なる効果を得たレッスン生の上達経緯を記しました。ギター演奏をまったくのゼロから開始し、短期間でエクササイズの壁を乗り越えたギター基礎クラス/星野佑太です。彼は来年受験を控えているので7月からしばらくの間レッスンを離れます。しかし、ブランクという心配は全くありません。なぜならば、これまでのトレーニングで正しい練習法を確実にマスターしているからです。できないからこそ、知らないからこそ、深く追求した彼はいま自由です。
http://homepage.mac.com/pure_voice/lesson_movie/iMovieTheater19.html

f0009667_14421340.jpg

ウサギとカメの話がありますが、昔の人はほんとうに素晴らしい話しを残してくれています。星野佑太の例もそうですが、物事をなし得るために楽や近道はないのでしょう。言葉で表現するのは簡単です、がそれを音で伝えることは容易ではありませんね。ひとつひとつ練習を重ねた証はあります。それは練習という厳しさに向き合った者、乗り越えた者のみが知ることのできる、自分の人生そのものなのでしょう。

音楽だけでなく、どんなものに対してもしっかりと向き合っている人はとても美しく見えます。私はそのような人が大好きです。今回セミナーに参加してくれたフレッシュな高校生たちは、全員が輝いてました!今回のセミナーの経験で、練習というものに向き合う切っ掛けが作れたのならば、私自身それだけで最高に嬉しいことです。


WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

______________________________________________


■次回1DAYセミナー■

7月8日、9日に1DAYセミナー開催決定しています。
募集対象:Electric Guitar / Acoustic Guitar / Bass / Drums / Vocal
参加資格:基礎をしっかり学びたい方
会場:purevoice lesson room (JR柏駅東口徒歩5分)
参加希望者は下記までメールにてお問合せください
pure_voice@mac.com

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください
Music school purevoice
[PR]

by purevoice | 2006-06-22 00:03 | ・EVENT | Comments(8)
Commented by 杉本誠一 at 2006-06-22 17:26 x
先日はありがとうございました。
セミナーあっという間に終わってしまった気がします。
練習、本当に分かりやすかったです。
これからもギターは続けていきたいので
またよろしくおねがいします!
Commented by purevoice at 2006-06-22 18:36
杉本くん>
そうだね、セミナー中は私も時間を忘れたよ、、、(笑。
伝えたいことは沢山あったけれど、まずは指練習だね。
この前教えた手法で、指は少しずつ慣らしていってね。
解らないことや出来ないことあれば遠慮なく問いかけなさい。
練習もとにかく楽しむことだね。
Commented by 古作 直也 at 2006-06-23 00:13 x
先日はどうも。セミナー中はあっという間に、時間が過ぎてしまって残念でした。最近は、駒形さんに習った指のストレッチばっかやってます(笑
そのおかげか指もだいぶ開くようになりましたよ。
次回のセミナーも行こうと思っていますのでよろしくお願いします。
Commented by purevoice at 2006-06-23 00:46
古作くん>
そうなんだよな、杉本くんも記していたが、時間すぎるの早いよね。
それだけ、集中してるということだ。
いましか得られないことはある、いまだからこそ得られることがある。
一歩一歩でいい、登るんだ。
登る階段の先は絶対成功に繋がっているから。
階段の、段数は自分で決めるんだ。
飛び越しては、ころぶので注意だよ。
Commented by 大久保 勇佑 at 2006-06-25 10:13 x
書き込み遅れてすいません。先日は本当にありがとうございました。次回のセミナーはまだ行くかは迷ってますが、前回本当にためになったのと、小指がどうしてもフレットに届かないのでたぶん行きます(笑)そのときはまたよろしくお願いします。
Commented by purevoice at 2006-06-26 01:01
大久保くん>
ストレッチはやってるかい?
今日はまたベースセミナーがあったのだけれど、受講者がセッションレベルだったので殆どが実践。
しかもチョッパー〜〜。あ、いまの若い人は、スラップと呼ぶのか、、、。
自由演奏は楽しいよ〜〜
大久保くんもいつか一緒にセッションしましょうね。
Commented by 山口 at 2006-06-26 22:19 x
昨日はありがとうございました!
自転車通学なんで息を多めに吸って吐いたりするようにしました↑
なんかおっちゃんとかに凄い目で見られたりするけど肺活量上がると思えばなんでもないです。
受験終わったら本格的にレッスン通わせて貰おうと思います。
その時は是非よろしくお願いします!
Commented by purevoice at 2006-06-27 01:13
たくま>
深呼吸おつかれ!!(笑
スピード、リズム、おもしろいな!!!
リズムマシンの手品??あれはなかなか出来ないシロモノだ。
あれできると、音で会話できるようになるよ。
たくまは、来年受験だからまずは英会話だな、、、。
受験後のレッスンは楽しみにしている、歌えるベーシストは大歓迎さ!!
受験には体調しっかり整えて望みなさい!
すべてはウォームアップからだぞ。


<< purevoice 1DAYセ...      表現に必要なもの >>