Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 09日

より解りやすい講義目指します

作曲セミナー、お疲れさまでした。
90分間ノンストップ、皆さんのお顔をずっと拝見しながらの講義は新鮮でした。

step.1クラスでは音楽理論ステップとしての区切り=某スケール解説に着手。
この題目は音楽理論のなかでも、とくに解説手法が難解なもの。

今回はこれをドラマ仕立て風?(笑、にて即興解説。いかがでしたでしょう?
(早速受講生さんから解りやすかった、と感想いただきまして安心しています)

f0009667_1617946.jpg


別視点を再度確認しましょう。

講義内容は、その場で(講義中リアルタイムで)理解してしまうことが得です。
得とは? =生徒さんが学びに費やす時間量のこと。

具体的に申しますと、
A、B、C、という3つの内容を理解すべく講義が行われたとします。

それぞれ30分、x3つ=90分、まさに purevoice 実践セミナーでの講習時間枠(90分)です。
これを、録音した場合や、筆記に頼った場合、後で聞いたり、読んだりする時間を再度要します。

つまり、講習に費やした実質90分は消費しながらも、
家に帰ってから再度、まとめ用の時間を消費せねばなりません。

そこでもし理解出来なければ、NETなどで調べる作業となります、、、
そこは時間制限がありませんため、知らずに野放し状態に、、
あなたの大切な人生時間が莫大に消費されます。

また、NETでは情報ページへ自由に飛べるため、
気が付いたら自分の好きなアーティストの Youtube を見ていた、、なんてこともしばしば。
知らずに何倍もの時間を費やしてしまうことが懸念です。(これが NET罠!?)

セミナーでの目的は、実践に結びつけること。
つまりは論理理解だけでなく、実践練習時間も必要な枠となる訳です。

NET罠に負けてしまっては、
結局、目的である本題理解ができぬまま、もう眠い、と。
あなたにとって大切な1日が終了してしまいます=目的は達成しない。


話を繰返しますが、
purevoice の講義内容は、その場で(講義中リアルタイムで)理解してしまうことが得です。

実践セミナーでの90分間は、あなたにとっての最初で最後の90分間であるべきです。
そのためにもこれまで以上に解りやすい講義解説を目指したいと思います。

目指すは、リアルタイムで!



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
_______________________________________________



9月の purevoice 実践セミナー


◯「 上級理論 」
日時:9月13日(Sat.) 16:00~  
会場:Music school purevoice (JR柏駅東口徒歩5分)

◯「 Studio Work 実習 」上級ADVANCEDクラス・プレイヤー科限定
日時:9月14日(Sun.) 15:00~  会場:F-STUDIO

◯「 JAM Study 」定員制/予約受付中
日時:9月21日(Sun.) 基礎/15:00~ 一般/17:30~ 会場:F-STUDIO

◯「 アーティスト実習 」
日時:9月27日(Sat.) 16:00〜 会場:Music school purevoice (JR柏駅東口徒歩5分)



毎回様々な実践視点を指導する90分セミナーが定期開催となりました。
※セミナーに関するお問合せはスクールまで → purevoice のオフィシャルホームページ



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
_______________________________________________
[PR]

by purevoice | 2014-09-09 21:01 | ・WORK SHOP | Comments(1)
Commented by purevoice at 2014-09-13 15:23
本日レッスンも順調に進行しています。
この後16時から、上級理論セミナーの開催です。
ここへの参加者は熟練者たちばかりですが、より基本に戻りながら、解りやすく進めます。
pure-Rec へ直結にて!


<< 夏レコ某 SONG、賞賛 vo...      すべては "メンタ... >>