Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 08日

「studio work 実習 」STREAM アップしました

本日、Studio Work 実習 おつかれさまでした。
今期より、ADVANCEDクラス(プレイヤー科)に新たな履修カリキュラムが増設されました。

当科目をひと言で言えば=現場想定。まさに、練習ではなく実践。
一定の演奏レベルを越えたADVANCED受講者たちとのストレートなやりとりは刺激ありました。

キーワードは、脱セッション慣れ。
決められたこと、指示されたことを、迅速対応できること。
すなわち、「適当に流す」姿勢では越えられないステップです。

本日も新機材と共に、purevoice の勇者たちが音を出してくれました。
f0009667_19415046.jpg

コアなシールドマニア/ベースクラスの由宇くん。

f0009667_194449.jpg

プレイスタイルでシールドを使い分けています。
このような音に対するこだわり(責任)が結果に繋がります。

f0009667_19452239.jpg

本質プリ、WALTER もいます。

ギター吉川くんも、新機材ゲットしています。
黒い箱=HIZMAX。

f0009667_19463623.jpg

名前通りの、太いサウンドでした。

音を残すことは最高に素晴らしいこと。何故ならば?
それは、自分の姿が一生残るのですから。

しかもスタジオ現場ではいま演奏した直後、まったく180度異なる演奏ができる。
楽しいです、スタジオレコーディング。

一部アドバイスシーン、USTREAM へアップしています。
現場での出来事を語ったシーン、次回までしっかりとおさらいを。USTREAM 動画

残された音源はミックス後、各自に送信しますので再検証を続けて下さい。
次回 Studio Work 実習、当課題曲の続編です。




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
_______________________________________________
[PR]

by purevoice | 2014-06-08 18:56 | ・WORK SHOP | Comments(1)
Commented by purevoice at 2014-06-09 13:10
USTREAM 動画公開の件、お問い合わせいただきました。
当シーンは、一般公開ではなくチャンネル登録者のみの公開設定となっています。

先日サウンドデザイン講習(1時間30分) なども同じく設定にて公開しています。

今後セミナーなどは YouTubeチャンネルともリンクさせながらセレクト公開したいと思います。
早速今夜、某ドラマーくんがF-STUDIOへ。
突発のSTREAM、ご期待下さい!


<< 元の自分にもどってしまう「注意点」      F-STUDIO 進化しています。 >>