Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 18日

pure-LIVE repo 延長戦/大切なこと=素

みなさん、pure-LIVE 最終章へ沢山のコメントどうもありがとう。

もう発表会の緊張気分はおさまりましたね、、、(笑。

いまこそ、振り返るべき視点があります。

ということで、私がステージ審査にて高評価しました2名について少し記します。

まず、この絵を観ていただきたい。


f0009667_23441668.jpg





f0009667_022661.jpg

f0009667_23441839.jpg


最初の2枚は3連覇覇者の中野渡/EG。そしてラストは Vo&EGの拓磨です。

この姿を観て、なにか感じますか?


私は、この写真データをもらって、ああなるほど、、、と再確認したことがあります。

私は現場で司会をしていたため、ライブは常にステージ脇からしか見れませんでした。

つまり、彼らの表情は解りません。

しかし、採点はすぐに判断できました。両者に 50点 vs 50点です。

ステージに向けた熱さ、集中度、一度しかない現場感、そして自分完成度。

このどれもが、現場ステージ横で観ていた私に伝わってきました。

この2名は自分自身とステージと音楽を同化できていました。

なにより、とても気分よく表現していますネ。

私が、得点した第一の理由はそこです。

であれば、Dr 科の瞳ちゃんもそうでしょ!? と思われる方がいるはずですが、、、

この2名の色を越えてはいませんでした。(過去のほうがより同化できていたのと、彼女の素はこんなものではない)

それら判断は、決して "顔" や"見てくれ" のお話ではありません。

前述した、「音楽と自分を同化させる」という視点にあります。

言い換えれば、アーティストはステージに上がると変貌します=本来の自分に戻れる。

そこにキーワードがあります。だから、@#%$、もっと自分に正直にいこ!(笑。


そして、もう1人。

猪瀬セットのギターサポート/吉川くんも、素晴らしく同化させられていました。

f0009667_23541261.jpg

素、大事ですね。良い音でていましたよ。

自分を無理に創るのではなく、でちゃう。それ大事です。

そのためにこそ、音を追っかけている場合ではない。


譜面読み書きに頼らず、十分に身体に入れ、くり返し練習し、目を瞑って、素でいけること。


f0009667_045063.jpg


目指すのであれば、それが当たり前であると思います。




WE ENJOY THE MUSIC / purevoice
_______________________________________________

by purevoice | 2012-04-18 00:57 | ・EVENT | Comments(4)
Commented by 拓磨 at 2012-04-18 17:03 x
ご紹介ありがとうございます! 得点ゴチになりました。より一層自分に偽りなく鳴らしたいです。

◎マサヤ君
誉められてしまって電車でニヤニヤしちゃったじゃん!ありがとう!目指しているのは村八分みたいな、心臓に突き刺さって気が触れてしまうような一音です。
クレイジーでノイジーでパワフルなギターは、「村八分」を聴けば存分に堪能できます。
興味あったら今度のジャムスタディに持ってきます。
Commented by purevoice at 2012-04-18 23:29
拓磨>
音を出す意味を理解してくれて嬉しいですよ。
拓磨が初めて purevoice に来たとき、私がスルーしたにもかかわらず…、笑
いまでは私の所持点をゲットするまでに成長してくれた。

さすが人生大逆転オトコ、この先が益々楽しみです。
Commented by ワタリ at 2012-04-19 08:04 x
クローズアップされてますね。当初はプレッシャーもありましたけどステージに立ってみると楽しくなってきて今の自分に出来ることを最大限に表現しようという気持ちになっていました。

普段からのテクニック、理論などの研究もこういった気持ちを忘れずに取り組んでいきたいですね。
Commented by purevoice at 2012-04-20 03:32
ワタリ>
ちと、どこかのパンクさんと被りで、?
ステージでウロウロしていたが、、、(笑。
楽しんでいることが音となって伝わってきたので、良しだね。
プロのステージでは、自分が単に楽しむだけでは通用しない場。
そこに必要なことは多々あり。その回答を、ぜひとも今年出して欲しい。
3連覇に恥じない実践、大いに期待しています。


<< 5月から新セミナー開講/作曲基礎      pure-LIVE 2012 ... >>