人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2022年 06月 27日

ピュアボイス生徒さん初めての脱皮

東京の音楽スクール・ピュアボイスのレッスンノートです。スクール審査が終わり、いま新たな気持ちで夏イベントの準備に入っています。

このタイミングに生徒さんの大きな成長予感に出会いました。予感は提出されたレッスンレポートと彼が実行している取り組みから理解しました。

ピュアボイス生徒さん初めての脱皮_f0009667_12370377.jpeg

上達の認知には、2つあります。それは実技への集中から現れるものと、創作作業への興味に現れるものです。

この2つの音楽活動がバランス良く整えば安心です。逆にDTM 作業に偏ることで、実技の練習量が激減するパターンは注意です。

経験ある方は自覚あると思われますが(私も経験しています)、DTM 作業は多くの時間を費やすこととなり練習時間が削られます。その結果、実演力は停滞、もしくは低下します。

この懸念を吹き飛ばしたのが、同生徒さんです。

手ごたえ(1)
「紹介した音源や映像を、精密に分析していた」
これは大切な実践です。分析とは外側に意識を置ける証で、分析できる人は外的なリクエストに耳を傾けることもできます。即ち物事を俯瞰的に捉え、自己状態も客観的に分析できるので変化できます。

手ごたえ(2)
「1人で練習する時間と環境を守る」
これはプロ領域にいる方々は実践しています。練習と言いましたが、意識はそれぞれでしょう。私は「準備」と捉えています。シンプルに、自分に集中できる環境と時間を確保することが根底です。

あなたは? 空いた時間にメスを持つだけのお医者様に手術を頼みますか? 震える手、震えるメスに自分の命は任せられません。これはドラマーで言えばスティックになる訳です。

ピュアボイス生徒さん初めての脱皮_f0009667_12540591.jpeg

話をまとめますと、今回取り上げた生徒さんはその集中力と環境をしっかり整えています。いま17才、人生で3回脱皮するうちの1回目が始まりました。(証拠は彼のインスタグラム投稿で見れます)

この瞬間に出会えることが講師として何より嬉しい瞬間です。同時に、この勢いを止めないために絶対に行わないあることも決断しています。早速7月から新しい指導題目へ移行します。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
音楽スクールピュアボイス東京・Instagram 公開中
インスタグラム公式アカウント → #purevoicejp








# by purevoice | 2022-06-27 10:55 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(1)
2022年 06月 22日

全集計データ配布完了

東京の音楽スクール・ピュアボイスのレッスンブログです。スクール審査会が無事に終了しました。皆様、お疲れさまでした。採点データを参加者に送信していますのでご確認下さい。 これは年に一度の通信簿? ぜひとも生涯保存版としていただけますと嬉しく思います。

さて、点数では表せない件、以下講師の回顧です。

1.A〜E 選抜について
私のA〜E 基準は、このままビジネスステージで用いれる作品を選抜しています。私がE評価した隆太作品(グランプリ作品)は、選抜を悩んだのが本音。理由は修正すべき点が多く残っていたからです。その大半がミックスバランスに対する視点です。

冬作品ではありませんが、james氏のギターインスト作品は高く評価しました。まさしくこのまま映画音楽やCMに用いれる仕上がりです。演奏実演とサウンドに時代感を感じれたことも好印象でした。

また今回の審査結果から、次回に期待する件があります。それは、準グランプリを受賞したラルくんです。今回はインストであれだけ得点しましたが、もしここに歌(歌詞)があり、その分の得点が加算されたとしたら? 異なる結果も予測できました。

その点から、インスト= 自力実演での得点に大きな手ごたえを感じています。この作品もJames作品同様、映像とのコラボでスパークする素があります。

2.選抜する際の気持ちについて
これは講師の希望というか、もっとこうしたい、という視点ですが、選ぶ時に比較をしたくない、と常に思っています。例えば、前述の隆太作品にEを入れた件ですが、これは他に並ぶ作品が無い中での選抜です。つまり、比較としての評価です。

彼はこれまでにグランプリを数回受賞しています。であれば、いまは断トツで突き抜けるべきステージにいます。もちろん他の方々も実力を高めていますので努力を怠れば簡単に追い越されるでしょう。私からの希望としては、比較ではなく、絶対的に良い、スクール内どころか世の中で通用する! という作品を期待しています。

3.パートナーシップについて
今回の審査規定は、仲間に協力してもらった作業についても100%加点しました。これは、パートナーシップに対する評価です。

第3位の拓磨はまさにパートナーに助けられました。しかしこの状態のまま音楽中心部を仲間に委ねてしまうことは大きな懸念です。印象としては、毎回ベースとドラムの印象が高く、本来ならフロントとしての歌やギターが残るべきで、本人が引っ張っていく必要があるのです(ギターをダブルにする修正提案も私から提供しています)。スクール審査会ではいずれソロエントリーし、その評価を期待しています。

パートナーシップに対する私の意見ですが、まずは主たる立場がしっかり成り立つ事が必須です。その上で周りとのバランスを保ち、協働する事です。当たり前のことですが、この状態で次に現場スタッフというパートナーへ声が掛けられる訳です。

音楽を創る上で人との関わりは重要です。協調性のある人は周りから信頼され、その集まり自体が価値を持つようになります。収益視点においても適正に分配をし、全員で利益を分けて活動を持続させます。成功しているバンドはまさにそうで、逆に活動が止まってしまう理由はこの点が上手くいかない事によるものです。

今年ピュアボイスでは新たな取り組みを計画しています。いまその計画に向けてパートナーと全力で走っています、早ければ7月には嬉しいご報告ができると期待しています!

皆さんも勢いを止めることなく、仲間と共に進みましょう!
あらためてイベントお疲れさまでした、(^O^)/


音楽専門レッスン/purevoiceTOKYO


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

音楽スクールピュアボイス東京・Instagram 公開中

インスタグラム公式アカウント #purevoicejp





# by purevoice | 2022-06-22 17:59 | ・EVENT | Comments(0)
2022年 06月 14日

ピュアボイス審査受賞者/2021-2022期 グランプリ

2021-2022 purevoice 審査イベント、グランプリ受賞者の紹介です。


purevoice 2021-2022年期音源審査グランプリ/1595

Pigeon Step 」/竹内隆太(ベース科・マスタークラス)


 ピュアボイス審査受賞者/2021-2022期 グランプリ_f0009667_08062024.jpg

前回審査では2位、今回はグランプリとなった隆太です。グランプリは過去2度受賞していますので帰り咲きとなりました。


隆太はベースプレイヤーであり、作編曲とプログラムができるクリエイターでもあります。最近は東急グループの複合商業施設/ 渋谷ヒカリエ内で利用される楽曲を手がけるなど活動の幅を大きく広げています。


A-E 総合評価で私の評価は、「E評価」と辛口となりました。詳細はコメントに記しましたが、そのなか評価できた点はパートナーシップの実践です。自分の音楽と仲間の音楽を掛け合わせ、新しい作品を生み出したことは高く評価しています。


本番作業ではパートナー氏の演奏と歌をあらためて別日にやり直しました。ここに大事なキーワードがあります。それは録音したテイクがOKか、NGかの判断です。その判断を本人がどれだけ自覚しているか?このことで修正の意味が大きく変わります。今回はパートナー氏本人がそれをしっかり理解されていました。


レコーディングとはそれらディスカッションを行う場であり、やり取り自体に意味を持つ時間です。今回そのことを対面でしっかり行えたことはとても有益でした。まさに優れたパートナーシップです。


隆太はボーカリスト選別を始め、パートナーとのコラボが上手な人材です。この点はクライアントから信頼をいただける手腕です。


当審査は年末作品のみを対象としていますが、年間を通した順位の2位曲は「30」でした。これも隆太がボーカリストとコラボした作品です。ここにもパートナーシップの手腕が光りました。


 ピュアボイス審査受賞者/2021-2022期 グランプリ_f0009667_08062987.jpg


隆太、グランプリ返り咲きおめでとう! 今回私の辛口評価の意味は隆太自身が理解していると思います。創作、プレイ、人材管理と、このステージへ来れたからこその対応です。今年は確実に次段階へと昇華させましょう。



審査全成績はグランプリ発表の後、参加者全員に送信します


音楽専門レッスン/purevoiceTOKYO


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

音楽スクールピュアボイス東京・Instagram 公開中

インスタグラム公式アカウント #purevoicejp



# by purevoice | 2022-06-14 11:55 | ・EVENT | Comments(2)