Music school purevoice_instructor's NOTE

purevoice.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

興奮と感動が記されていました

レッスン生からまた嬉しい連絡が入りました。

昨日の BLUE NOTE TOKYO公演、AI KUWABARA with STEVE GADD & WILL LEE LIVEへ足を運んだとのこと。

ステージを終えた直後でしょうか、いただいたメル文面に興奮と感動が記されていました。


WILL氏はブログでも触れましたが、私も真にリスペクトするセッションプレイヤーです。

GADD氏も同じく、この上ないドラマー氏。もうかれこれ40年前、高校生のときに PIT INN で見たことを思い出します。


メインアクトのあいさんとは、先日 cotton club にてお話する機会がありました。

私の座席まで来てくれて、丁寧に挨拶をしていだきました。

ショートヘアーのとても可愛らしい女の子で、その時このライブのお話もされていました。


あこがれのリズム隊を従えてのセッション、これは音楽を志す者にとって至上の場です。

その場に辿り着くまでの道のりの険しさは、辿りついた人のみが知る世界なのでしょう。


自分が向う世界に真正面から挑めることは素晴らしい。

最近思うこと、女子強しです。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________




7月開催の purevoice 講座


上級アレンジ講座・土曜 8日/15:30(柏 purevoice) 

スタジオーワーク・日曜 9日/17:00F-STUDIO

作曲講座・土曜 15日/16:30(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 22日/15:30(柏 purevoice

TONE Study・日曜 23日/15:00F-STUDIO

JAM Study・日曜 23日/17:30F-STUDIO


8月はレコーディングイベント開催のため講座日程が調整されます。
詳しくはブログにてお伝えします。


千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

# by purevoice | 2017-06-25 13:45 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(0)
2017年 06月 23日

tempo よりも内容

先日レッスン生から嬉しい連絡をもらいました。


先生、この前教えてもらったエクササイズですが BPM 90 だと上手くできません、、、

どうしたら良いでしょうか?


電話越しの彼は、大きな壁に塞がれ困った様子でした。


エクササイズにおけるポイントは、速さよりも継続して行える実践内容です。

ですのでテンポの速さに拘らず、自分で出来るテンポに落とし、

演奏内容の質を上げることが大切です。


早弾きが上手いギタリストほど、スロー&ロングトーンに本質があります。

ドラマーで例えれば、手数の多くも上手なドラマーほど、シンプルな8ビートを決められます。


スペシャリストたちは、シンプルなものこそ難しいことを理解しています。


今回連絡をくれた某くんへ、

いまはまだ出来ないことが沢山あるかもしれません。しかし悩むことはありません。

逆に、いまの自分を理解できたことが利益です。( BPM 60


来月のエクササイズテストまで焦らずに、確実に進めて下さい。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________




7月開催の purevoice 講座


上級アレンジ講座・土曜 8日/15:30(柏 purevoice) 

スタジオーワーク・日曜 9日/17:00F-STUDIO

作曲講座・土曜 15日/16:30(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 22日/15:30(柏 purevoice

TONE Study・日曜 23日/15:00F-STUDIO

JAM Study・日曜 23日/17:30F-STUDIO


8月はレコーディングイベント開催のため講座日程が調整されます。
詳しくはブログにてお伝えします。


千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________




[PR]

# by purevoice | 2017-06-23 15:13 | ・PICKUP STUDENTS | Comments(0)
2017年 06月 15日

個として成り立ち、そして結束する

スタジオワーク実習6月回お疲れさまでした。


前記事でも触れましたが、リッキーローソンのサウンドチェック時に心底驚いたことがありました。

それは、あの有名なクリアータムサウンドが、そのままリッキーの目の前で鳴っていたこと。


つまり、コンプやEQといったエフェクト処理など一切ない、生の出音そのままのサウンドだったのです。


アンサンブルを成立させるためには、まず個として成立つ必要性はこれまでもお伝えしてきました。

その検証として、RECされた自分のプレイを正しく判断することが肝要となります。


先日アレンジ講義でも紹介した某ドラム氏のプレイは、ドラムのみでその楽曲の脈を放ち、

個としてもメイン歌と同じく呼吸していました。


けして大きな呼吸や派手な呼吸が良い訳ではなく、自然に聴こえてくる息がポイント。

このような生呼吸を大切にできるプレイヤー同士が集まれば強しです。

f0009667_14405440.jpg


スタジオ現場本番で仮にミステイクがあったとしても、修正点を的確に把握し、

その箇所をリテイクすることで迅速にブラッシュアップできます。


リテイク箇所は大抵、12barですので、それが数カ所あったとしても時間は要しません。

人によっては部分修正ではなく、あたまから1曲通してやる場合もあります。(全体の呼吸を大切にしている)

とくにDrパートは通す人が多いです。


f0009667_14433672.jpg

そうなった場合、Bassパートも同時にリテイクすることが多いです。

そこには2人でひとつという強い結束感を感じます。


スタジオワーク実習6月回のMIXトラックはこの後送信いたします。

各自、まずは個としてのプレイをしっかりと把握し、次回へと繋げて下さい。



WE ENJOY THE MUSIC / purevoice

____________________________________________________




6月開催の purevoice 講座


上級アレンジ講座・土曜 10日/15:30(柏 purevoice

スタジオーワーク・日曜 11日/17:00F-STUDIO

作曲講座・土曜 17日/15:30(柏 purevoice

アドリブ講座・土曜 24日/15:30(柏 purevoice

TONE Study・日曜 25日/15:00F-STUDIO

JAM Study・日曜 25日/17:30F-STUDIO



千葉県柏市の音楽教室・ピュアボイス

____________________________________________________



[PR]

# by purevoice | 2017-06-15 14:49 | ・WORK SHOP | Comments(0)